脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

カテゴリー "ぎゃざ" の記事

【MTG】偽造カードにご用心 神ジェイスとか

ebayで落札した神ジェイスが届いた。

スリーブから取り出して状態を確認しようとしたら、わずかな違和感が。
これ、本物か?

jace01.jpg

表面。左がもともと持っているもの、右が今回入手したもの。

jace02.jpg

裏面。左がもともと持っているもの、右が今回入手したもの。

ぱっと見は本物だが、見れば見るほど何かが変。
いろいろ検証した結果、本物ではないと判断した。

検証の内容は以下。


○ハード

・カードのエッジ(縁)

カードのエッジが立っている。本物のエッジはほぼフラットなのに対し、これはバック側に押し込まれたようなエッジになっている。

・紙の質
本物に比べてマットが強い。本物はわずかに光沢を残しているが、これはそれがない。MTGというよりドミニオンのカードに近い。

・匂い
テンペストとかの匂いがする。最近のカードとはわずかに異なる、気がする。(これはそんなに自信がない)

○印刷

・枠とか
バックの色がわずかに薄い。本物はもやがかかったようなデザインだが、これはのっぺりしている。
フェイスの忠誠値の枠がわずかに粗い。トリミングして張り付けたらこうなるようなー、っていう感じ。

・イラスト
うーんこれは違いが分からない。。

・フォント
カード名の「Jace, the Mind Sculptor」のコンマが違う。本物に比べて細い。
テキストが本物とずれている。
「TM&C WotCなんたら」のテキストが太い。


というわけで、たぶんクロ

バージョン違いか?と最初は思いました。
しかしエキスパンションの再印刷なんて聞いたことがない(アルターネイト4thなんてのがあったが)。ましてや再印刷するにしてもフォントを変えるなんてありえない。

しかし。

これ、すっごく良くできている
完全なミント品かつスリーブ無しで触って僅かな違和感がある程度。
スリーブに入れたらまず分からないと思う。


あ、あとオマケで虚空の杯がついてきたけどこれもアウトだと思う。同じ特徴だった。
去年偽造デュアランが結構騒がれたが、虚空の杯レベルのカードすら偽造されると、正直きつい。

コレ読んでるみなさんもマジで気をつけてください。
高額カードはちゃんとした専門ショップで買いましょうってこった。
スポンサーサイト

ロータス レガシー大会に行ってきた

マジックのレガシー大会行ってきた。大会なんて5年ぶりくらいだ。
非公認だが9人で4回戦。
周りのデッキタイプはソリダリティ、親和、黒ウイニー、バーン、MUDと、ちょっと変な面子が揃っていた。

そんな中自分は緑白エンチャントレス。十分変な面子の仲間入り。
デッキは↓

■Mainboard
7 Forest
3 Plains
2 Savannah
2 Serra’s Sanctum
1 Taiga
4 Windswept Heath

3 Chrome Mox
4 Argothian Enchantress
4 Enchantress’s Presence
4 Elephant Grass
4 Sterling Grove
4 Utopia Sprawl
3 Wild Growth
3 Solitary Confinement
2 Mirri’s Guile
2 Runed Halo
1 Oblivion Ring
1 Sacred Mesa
1 Sigil of the Empty Throne
1 Karmic Justice
1 Words of War
1 Moat
1 Enlightened Tutor
2 Replenish

■Sideboard
2 Leyline of sanctity
2 Blood Moon
2 Humility
2 City of Solitude
2 Wheel of Sun and Moon
2 Ground Seal
1 Karmic Justice
1 Enlightend Tutor
1 Aura of Silence

結果は2-2(うち不戦勝1)でした。実質負け越し。

■1戦目 赤バーン
G1:こちらワンマリから普通に焼死。ボーライヤベえ。
サイドイン:白力線2、白チュー1
G2:白力線出して勝ち。
G3:ライフ1でこらえて監禁。

■2戦目 ソリダリティ
話にならん。負け。

■3戦目 プロバント
G1:なにも来ずに殴られ。
サイドイン:血染めの月2、謙虚2
G2:月、謙虚出すもあとが続かず負け。エンチャントレス仕事しろ。

■4戦目 不戦勝

#ソリダリティにあたったのは完全に事故。
#黒対策に入れた力線がまさかのバーンにぶっ刺さった。
#マジック面白いです。

レガシー面白いって話と1万円でデッキを作る話

2Pointの例会やら川越ゲーム会やらで面白おかしく過ごしておりました。
そしたらGoogle Adsが出ましたーまたお前かー。

久しぶりにマジックの話でもしようかね。マジックってM;tGよ。

レガシー面白い。

レガシープレイヤーのDiarynoteみてるだけでメタの変遷が刻々と読めて楽しくなってくる。
でもタルモ1万超えは勘弁。まわりにレガシーやろうぜって言えねえじゃねぇか。
デッキはあるのにプレイヤーが知り合いにあんまりいないのはサミシイです。

特別企画Buy This Deck。

どんた氏との雑談の中で出てきた企画。
1.1万円を握り締めて外に出る
2.ホビーショップに行く
3.シングルカードを1万円分買う
4.デッキを組む

面白く強いデッキを組むには汎用性の低いカードをいかに生かすかが鍵となる。
汎用性高いと需要が高いからコモンでもいい値段するんよね。

個人的にはコントロールデッキかコンボデッキを組みたいところ。

以上。次回の更新はいつになるやら。

WoC必死だが…だが…。

なんとなく気になって昔なじみのショップに行ってみた。

あった。From the Vault Exiled。
中身は以下のとおり。

《天秤/Balance》
《Berserk》
《チャネル/Channel》
《けちな贈り物/Gifts Ungiven》
《ゴブリンの従僕/Goblin Lackey》
《密林の猿人/Kird Ape》
《水蓮の花びら/Lotus Petal》
《神秘の教示者/Mystical Tutor》
《ネクロポーテンス/Necropotence》
《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
《Serendib Efreet》
《頭蓋骨絞め/Skullclamp》
《露天鉱床/Strip Mine》
《修繕/Tinker》
《三なる宝球/Trinisphere》

正直いらん。いらんけど。いらんけど買っちまったorz

オク見たらBerserk4枚組みが20kついてて笑う。
4箱買うのとほぼ同額やん。


ヴェネツィアのユーロランドちょーだい、
って言ったらそんなものないって言われた。
Euro Land 2 じゃなくて1だか3だか(忘れた)しかもらってないそうだ。
TSUKAENEEE!!!

本当かどうか知らないが、今回日本にユーロランドが入ってきたのは
APACランドと引き換えで取り寄せたものらしい。
で、Euro2はあっちでも人気だから入ってきていないそうな。
なんだかなー。

WoC必死だなー。

久々にMtGがらみの情報を集めてみたらこれはひどい。
WoCは本当になりふり構っていられなくなったようだな。
まープレイヤーにそっぽむかれない限り残り続ける市場なので、
これくらいのことはしても良いのかもね。


・過去の人気カードの上位互換カードをリリース
M10しかり、アラーラしかり。市場として当然といえば当然だけど。

・強力カードが入った構築済みデッキの販売
From the Vault ExiledとかPlanechaseとか。Berserkの価格も下がるのかな。
よくシングルカードのディーラー怒らないよな。すでになにかが始まっているかも知れないけどね。
もう最終的にシングルカード受注生産とかしちゃえば?
Power9なら買ってやるよ。あとMoatとthe Tabernacle at Pendrel Vale。

・人気カードのばら撒き
なぜか日本語のパックを買うとユーロランドがもらえる。
ヴェネツィアの島を集める最初で最後のチャンスかも。
グルランドは配ってくれるなよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。