脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

カテゴリー "卓ゲ - 購入録" の記事

良さげなトランプ買ったった

いい感じのトランプが欲しい!
と思い立って、買うことにしました。

いい感じって何よという条件は以下。
・絵札だけでなく数札のデザインもカッコイイこと
・カードがエンボス加工されていて実用性があること
・値段がそんなに高くないこと

というわけで今回は以下の3点を購入。

playingcards01.jpg

写真左から
・Infinity インフィニティ
・Deck One Industrial Edition デックワン
・Fulton's Clip Joint フルトンズ クリップジョイント

海外のメーカー直販でも買えるが今回はヤフオクにて。

開封して中を見てみたのでレビューをば。

・Infinity インフィニティ

playingcards02.jpg

バックのデザインのよさも去ることながらフェイスも凝りに凝っている。
スートの形が一般的なカードとはちょっと違う。
スートまできちんとデザインされているのが気が利いた感じで素敵。
そして何より、赤いスートのカードがちょっと光ってる!
チタニウムエディションみたいな感じです。

箱の開けやすさは普通。強度は若干弱いかな…。


・Deck One Industrial Edition デックワン

playingcards03.jpg

箱に印刷なし。すべてエンボスで表現しています。
箱の紙もちょっと厚めで心配なく持ち運べそう。
スートの形は普通だけど赤がちょっとくすんだ色を使っていて工業的な雰囲気。
箱があけにくいのが少し不満といえば不満。


・Fulton's Clip Joint フルトンズ クリップジョイント

playingcards04.jpg

フィルム・ノワールがコンセプト。らしい。
数札にもデザインされたスートが使われていてテンションあがります。
ジョーカーの猫もクールでよい。
しかし箱が薄い。ペラッペラで持ち運びが不安になります。


と、こんな感じ。
しかしいい感じのものはサイズがみんなポーカーサイズなのが不満。
ブリッジサイズで高品質でデザインもいいやつがひとつくらいは欲しいんだけどね。
スポンサーサイト

ベルギーからゲームが届いたよ(経済の達人とか)

届きました。
どうしても経済の達人(Master of Economy)が欲しかったのです。

購入したショップはboardgameshop.eu
英語ページがあるしショッピングカートもしっかりしているし、安心。
アカウント作って管理者に連絡すると消費税を抜いてお会計できます。

ラインナップはオランダの999gamesがメインのようです。
999gamesはドイツ系の良作をオランダ語版で製作・販売してます。
ドイツで絶版のものが残ってたりするので、意外とねらい目。
・カタン(とその拡張たくさん)
・ユニオンパシフィック
・指輪物語 対決
・バルーンカップ
・メディナ
・マニラ
・マジェラン
このあたりは結構いいのでは。

さて、届いたゲームはこんな感じ。



・経済の達人(Master of Economy)
 ポーランドのメーカーSinonisのガチ経済ゲーム。かなり骨太なシステムとのことで期待が高まり購入。今回の本命。
 コンポーネントが微妙に雑、というかドイツ系のつくりとは明らかに違う。
・袋の中の猫フィロー(Filou - Die Katze im Sack)
 フリーゼ作のブラフ&オークション。今回の保険。
 出品物が分からないものに対して競りをするというのがすごい。
・メディナ(Medina)
 ブクブクの作者ドーラの作品。
 木のコマがどっちゃりでちょっとテンションが上がり、つい購入。
・マカバナ(Maka Bana)
 リゾート開発がテーマの隠匿&陣取り。今回の穴馬。
 ちなみに買ったあとで英語ルールが読みにくいことが判明。和訳頑張るよ。


P7060729.jpg

早速経済の達人を開封するぜ!!


ん、んん????


P7060730.jpg


なに…これ…。
た…たのしそう…?

ゲームマーケット2011 春

行ってきました。
ボードゲームのイベントに行くのは初めてです。
今回も行く予定は無かったのですが、ひも電輸送編欲しさに浅草へ。

会場を回ってみてまず思ったのが、「濃い」。
ショップ、同人サークル、有名ブロガー、サークル代表者が集結しており、
あっちを向いてもこっちを向いても知った顔(一方的に)が歩いている。
まさに「総力戦」である。

次に思ったのが「楽しそう」。
参加している方、出展している方、みなさん目がキラキラしてます。
オールラウンドの同人誌即売会は何度か言ったことがありますが、
それよりもずっと「みんなで楽しもう」という意気込みが感じられました。
こういう雰囲気、いいです。


さて、適当にぶらぶらして3時からのにオークションに参加。
「レアなゲームが欲しいかー!」「おー!」という。

王への請願の15000円でスタート。この値段はすごすぎる。
それ以外は順当に進んでいました。むしろミスター ダイヤモンド6000円、王と枢機卿5500円、利益・廃液5000円は安い。
やはりここ数年のレアゲー感がかなり変わってきている気がする。


今回の収穫。
・古代ローマの新しいゲーム
・ひも電 輸送編
・ファミリア
PA0_0001.jpg


秋は、どうしようかな。次回はゆっくり試遊も良いかもな。

グリード・インコーポレイテッドを買ったよ。

とうとう買ってしまいました。
グリード・インコーポレイテッド

pic575518_md.jpg
(実物はまだ届いていないのでBGGから画像を拝借。。)

オランダのガチゲーメーカー、Splotter Spellenから発売された経済ゲーム。
公称プレイ時間は180~240分。はぁー。。

どんだけ複雑なゲームなんだよ、とおそるおそるルールを読むと…あれ?そこまで複雑じゃない。

さて、ゲームの概要はこんな感じ。

ゲームの目的は会社経営の儲けを使ってステータスシンボルを買うこと。
プレイヤーはCEOになって会社を経営し、商品を生産・売却して利益を出す。
…のだが、利益が入ってくるのはあくまで「会社」であって、この時点では個人資産は全く増えない。

では、個人資産を増やすにはどうするか。
答え:会社を潰して退職金を得る。

どの会社を経営するかよりも、会社をいつ潰すかがキモとなっている。

と、このルールで200分か。うーんどうなんだろうなぁ。
ルールをきちんと確認して「グリードインコーポレイテッドを遊ぶ会」をやりますか。


ついでといっては何だが、以下のゲームも買っています。
・建設期
・ピコ
・スチールドライバー
・ティナーズトレイル
・ケープからカイロへ
これもいつかやりましょう。

ポストホビーガレージセール

ポストホビーガレージセールやるじゃねぇか!!
前回ぎゃざのBoxアグリコラ抱えて腕がアレした伝説のイベントが再びあるとは…。

で、開催日は3/21(日)・3/22(祝)!

Nooooooo!!!
その日…旅に出る予定だったんだ…。

旅行キャンセルして…いや、それは…。
いやありかも。いやないだろ。

今回狙いたかったのはぎゃざのパック。
ボードゲームだと砂漠を越えて、サムライカードゲーム、ドミニオン海辺、スモールワールド。
あとは奇跡が起こればル・アーブル。

でした。
まぁ、あるかどうかわからんしトイ系しかなかったら泣くから予定は変えません。
俺は東北のどこかに行っています。さようなら皆さん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。