脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

カテゴリー "日記" の記事

棚に残すボードゲーム覚え書き

これは棚に残すというボードゲーム。カッコが付いてるものは再考するかも。
あとで一言ずつ添えるかも。

コンテナ
電力会社
ゴア
エルグランデ
ブラス
マグナグレキア
マチュピチュの王子
プエルトリコ
1846
スチーム
チグリスユーフラテス
頭脳絶好調
(サムライ)
ラー
(メディチ)
モダンアート
アクワイア
サンチアゴ
ユニオンパシフィック
(アルカディアの建設)
ギンコポリス
グラスロード
ハチエンダ
ドラゴンイヤー
(ビッグシティ)
ハンザ
ハンザテウトニカ
K2
1号線でいこう
(リアルト)
宝石の煌き
サンペテ
メンバーズオンリー
ドミニオン
魔法にかかったみたい
王と枢機卿
バサリ
(イシス&オシリス)
アップタウン
ラッキーナンバー
ムガル
カルカソンヌ
ブラックビエナ
パンデミック
スペースアラート
アベカエサル
ミシシッピークイーン
ラミィキューブ
ごいた
ストリームス
ピーナッツ
ピット
ブラフ
クク
ワードバスケット
ハイソサエティ
フォーセール
ケープからカイロへ
赤箱ニムト
マンマミーア
ビッグファイブ
コロレット
ブクブク
ラブレター
フリックスミックス
花火
クーハンデル
(ボトルインプ)
ジキルとハイド
トランプトリックゲーム
バトルライン
アンギャルド
(指輪物語対決)
メディチ対ストロッツィ
パッチワーク
ツイクスト
ポラリティ
ジャイプール
ファストラック

2016/12/27追加。
トワイライトストラグル
七つの印
インダストリー
(オロンゴ)


2017/2/20追加。
(ゆかいなふくろ)
コンプレット
フードチェーンマグネイト
エルタイルズ
(ナインタイル)
(タージマハル)
(五番街)
ツォルキン
スポンサーサイト

The One Hundred 2016で選んだゲーム

今年もthe One Hundredに投票しました。
毎年恒例で各ゲームに一言添えます。

トワイライトストラグル
 なんだかんだ結局バカ寄りだが、シンプルなルールでいてグツグツの闘争を楽しめるのは偉大。
コンテナ
 ゲームの面白さというより、もはや焚火の楽しさに近い。
プエルトリコ
 分からされる悔しさドリブンのゲームでこれ以上のものを知らない。
電力会社
 発電所のギアチェンジとステップのギアチェンジの二重構造が心地良い。個人的にデラックスじゃない方が好み。
ブラス
 いつもの。
アクワイア
 これの換骨奪胎はいくつかあるが、これの妖しい魅力までは奪えていない。
サンチアゴ
 マルチゲームのドイツ的解釈の神髄。全然面白くなさそうなビジュアルも○
宝石の煌き
 鉄板。プレイヤーの成長曲線が頭打ちになりやすいがそれは言うだけ野暮か。
頭脳絶好調
 「鉄板ゲーム」と言われてまず浮かぶのがこれ。
王と枢機卿
 王道で変態。短時間なのに充実感がある。
マンマミーア
 ウヴェ様はやっぱり天才。不足分の具材はあとから足せるの一文が与える影響力。
ぶくぶく
 シブくてインパクトでバカで知的なカードゲーム。
七つの印
 トリテ枠。ビッド系トリテのなかでも納得感のある得点システム。成功の達成感と失敗のやらかした感じの度合いが心地よい。
ごいた
 なぜ面白いのか?分からない。でも15選から外すことはできない。
ツイクスト
 2人ゲーム枠。100年耐えるゲーム。

The One Hundred 2015で選んだゲーム

今年もthe One Hundredに投票しました。
毎年恒例で各ゲームに一言添えます。

ブラス
 ルールの枝葉は汚いけどそれをはるかに上回る骨太な魅力。
コンテナ
 いつもの。
アルカディアの建設
 「ラベンス」の「ドイツゲーム」が失われて帰らないことに悲しみを込めて。
花火
 いいゲームはプレイヤーのマジックサークルを醸成させる。
パッチワーク
 最も新しいクラシック。特殊カードがないウヴェ様が生きていたことも記念して。
トランプトリックゲーム
 変態と呼ぶにはあまりにもったいない。変態と呼ばないのはあまりに失礼である。
スペースアラート
 いつもの。
ギンコポリス
 「ゲーム外→山札→手元」というカードの動きの美しさを称えて。
ハンザ
 いつもの。
電力会社
 バランスの歪さは、時としてゲームに魔法をかける。
ごいた
 終着駅。
ラミィキューブ
 こんな身なりでイリンクスな憎らしさに。
ドラゴンイヤー
 殴られて爽やか。
ツォルキン
 大魔王。強大な存在の前にただひれ伏すのみ。
ドミニオン
 なんだかんだ絶対面白い。

2011年最後のエントリ

今年も相変わらずピンボールとシューティングとボードゲームとMTGの年でした。

ピンボールは結局メディーバルマッドネス1周できず、挫折しました。
もう来年はやらない。。

ボードゲームは意外にも結構やれました。
ロンドン、コンテナにのめり込みました。
また、古代ローマの新しいゲームを入手し、コレクションも充実しました。
来年は長時間ゲームを安定してできる環境構築にシフトします。

MTGレガシーはエンチャントレスとベルチャーを回していただけだったけど。。
まぁいいや。

レイディアントシルバーガンにハマったものの、完全にお預け状態。
来年もやりたいなぁ。

はい、みなさま、良いお年を。

新たなメーカーがピンボールに参入

年明け一発目にピンボールでうれしいニュースが。

なんとピンボールメーカーが新たに参入!
http://www.pinballnews.com/news/jerseyjack.html

いままでStern社しか残っていなかったこの業界だが、
新たな風が入って競争が生まれるのはとっても良いことだと思う。

予定されてる1作目の原作が『オズの魔法使い』だって!
どんなプレイフィールドでどんなフィーチャーがあるのか…んー気になる。
そして日本には1台でも入ってくるのだろうか。気になるところです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。