脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

2006年07月の記事

もう一度、雛見沢へ。

やべぇ~。社会のテスト勉強おわらねぇよもう朝だよ…。





はっ。
…………夢か。

壮大なネタ振り(?)で実はしょぼいHAL200です。

「ひぐらしのなく頃に」の2周目はじめました。
普通に怪奇モノとして読むと結構面白いよ。推理モノとして読むと…だけどね。

コレだけで1ヶ月は遊べるな…。

なんかこう、今更「輝く季節へ」とかやりたいな。

まー言ったら昔読んだ「ぼくらの七日間戦争」を今読み直しても面白い、みたいな感じかね。

スポンサーサイト

エース機

地下鉄東西線のホームで
「この電車は中野行きです」
っていうんだけど

「この電車は仲間由紀恵っす」
って聞こえる。聞こえなくもないかもしれない。

えーHAL200です。

ケツイ、ノーボムで5面縦穴降り切った~。脳汁出っぱなし。

そう。脳汁の話。じゃなくてゲームのはなし。

ケツイ。エースのためのゲーム。

時代はゲームに過激な進化を与え、ときに鬼子とも言えるエース機を産み落とす。
テトリス ザ・グランドマスター
ビートマニア 2DX
斑鳩
がそのいい例だろう。

まさにエースの、エースによる、エースのための機体。

選ばれし腕の中でのみ覚醒し、光輝を纏って舞を舞う。

エースは機体のために進化して、機体はエースにそっと寄り添う。
サムライと刀のように。

人はそれを畏怖し、敬遠し、あるいは侮蔑の念すら覚えるだろう。

しかし、ある一部の者は魅了され、人を止めてエースとなる。
バカは。そうバカは。

私はバカになりたい。
刀を愛し刀に愛されるバカになりたい。

来たぜ新海最新作

新海誠の最新作。

秒速5センチメートル

略して「5ンチ」。

前作の長編(中編?)、「雲のむこう、約束の場所」には正直失望した。
パイロット映像は良かっただけに残念でならない。

結局新海に長編を作るだけの力が無かった、ということかな。

それに学んでか、「秒速5センチ」は短編オムニバスらしい。

まあ、何はなくとも音楽と映像はある。
頑張れ、映像屋。

シンペイ

バンダイのホームページで「乗車券」を絡みの情報見てたところ、発見→プレイ→そしてハマる

シンペイ




そして購入

2人用 プレイ時間10分

ルールは3目並べ(○×ゲーム)+αとシンプル。
ゲームがシンプルだと当然"あそび"が小さくなるわけだが、その割に意外と定石が見つからない。

うん。結構遊べます。

チケットトゥライド

Ticket to ride
といってもBEATLESではありませんぜ。

あの名作ボードゲーム『乗車券』が日本語版で発売。発売元はバンダイ
公式ページ

日本語版で出るとなにが良いって

安い。

コレに尽きる。
ドイツ版では6000円(@メビウスゲームズ)がバンダイ版では3000円で買える。コンポーネントは死ぬほどダサくなるが、半額なら仕方ないか、である。

しかし『カタン』といい『スコットランドヤード』といい、日本語版がでるゲームは基本的に「買い」のゲームだなぁ。
挑戦的なゲームを投下できるほどの市場地盤がないんだなきっと。

今は「名作」をどんどん売り込んで、ボードゲーム人口を増やすこと。
おもちゃ会社の宿題ですね。

ぼくらのうた

とうとう…とうとう手に入れた。




ぼくらのうた

みんなの大好きな「みんなのうた」系アレンジアルバム。

原曲は
 メトロポリタン美術館
 およげ!たいやきくん
 さわやか3組
 北風小僧の寒太郎
 しあわせのうた
 翼をください
 まっくら森の歌
 ヒポポタマス
 にんげんっていいな

見よこの震えんばかりのラインナップ。トラウマソングてんこもり!
JASRACとの兼ね合いもあってかなりレアだったのだが、ようやく発見したさ。

まっくらくらーいくらい。


ついでに渋谷でマックスコーヒーも発見。
砂糖MAX。練乳MAX。

紙一重のカミ技

いきなり迷宮組曲エンディング。
コレ(画像)
ネタバレ注意です

さて本題。

最近良くやる業務に、
「シールの部分だけカッターで切り、台紙は切らない」
というものがあります。
つまり紙一枚分の厚みは切れてなければならないが、二枚の厚みはアウト。
なかなか職人芸である。

普通のカッターで切るのもなかなかエキサイティングではあるが、どうも質が安定しないため

買ってみた

OLFA ウイング

紙一枚分だけ切れるカッター
市販品があるということは考える事はみんな一緒なんだね。


ちなみにこのブログ。
何かと商品を紹介してるけど、商品の売上が伸びてもHALの懐は暖まりません。

迷宮組曲

迷宮組曲

クリアしました。

といっても裏技+αアリだけど。
・コンテニューあり
・金増やし裏技使用
・連射機使用

それでも2時間以上かかったさ。
難易度高すぎ。

いやーでも面白いね。なかなかの佳作だよ。
全体的な雰囲気もいいし音楽もいい。アイテム購入でどんどん強くなるというのもいいよね。

ミロン(自キャラ)の動きがもう少し軽快なら名作になったんだろうなぁ~。

エグゼリカ

「岡谷」ゆきのバスを「風俗」ゆきと読んでしまいました。
HAL200です。

稼動から数ヶ月、ようやく触れてみました
トリガーハート エグゼリカ

システムにちょっとくせがあるため今まで敬遠していたのですが、やってみると結構好感度は高いですよ。
・弾幕が意外ときれい
・やりこみ度も高そう
・難易度が意外と普通

というのもありますが、単純に敵をぐるぐる回して投げつける、というのが思ったよりも面白い。

ケツイと平行でしばらく遊ぼうかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。