脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

2006年12月の記事

サンファン

sanjuan.jpg


サンファン」買いました。
2004作だそうです。さすが2年前を走るHAL200。今日も絶好調です。

サンファン。最強ボードゲームの呼び声も高い「プエルトリコ」のカードゲーム版です。

プエルトリコの1プレイの長さと持ち運びの悪さが改善されてます。
最大プレイ人数は4人になっちゃいましたが、1プレイ45~60分とちょうど良い重さ。
しかも完全日本語版。
対訳リストとニラメッコというストレスなしに遊べます。

で、肝心のゲーム内容はというと、
発生させたいイベントを選び、農園・建物建築、商品生産、売却を繰り返し
富と名声を得る。というもの。

誤解を恐れずに言うならば、「操り人形」から読み合いを除いて
紫建物のコンボ要素を加えた感じ…かな?

年末年始、やります!

スポンサーサイト

マジック黒歴史…。

マジック黒歴史というブログの記事が読み物として非常に興味深いです。

この中にパックサーチの話が出てきますが、
検証してみた。

結論:可能。

リバイズドとザ・ダーク(どちらもイタ語版)で検証してみましたが、どちらも可能でした。
ただ、リバイズドの場合レアの位置が一番後ろではないので、コモンしか見えません。
ザ・ダークはばっちりアンコモンが見えます。

とは言っても今となってはアイスエイジ以前のパックを無造作に平積みしているお店など皆無ですが。

サーチするなら買ってから。

まぁ、パックを開けるときのワクワク感は半減する事請け合いですが。

リバイズド

開けたわけだが。


Ts290257.jpg



レア
Wheel of fortune
停滞
ハルマゲドン

アンコモン
砂漠の竜巻
惑乱の死霊
白騎士

コモン
赤霊破
麻痺
暗黒の儀式
巨大化
不安定性突然変異
粉砕
ラノワールのエルフ

この引きを見よ!!
レアが全てトーナメントレベル。
素晴らしい!!


…が。

全部数足りてるんだよね…。
びもー。

イタ語リバを開けてがっかりした事が1点。

パッと見4版と見分けがつかない。
実際Wheel of fortuneを見るまではリバかどうか不安だった。

イタリバは長期に渡って印刷されたのが特徴で、1995年まで印刷されている。
そのころのロットは、見た目が4版とほぼ一緒になってしまっている。
なのでアーティスト名表記もマルCではなくIllus.になっているし、
タップマークもナナメTではなく曲がり矢印。

がっかり。

でもリバのパックを開けるというドキドキ感は病み付きになるねぇ。
比較的安かったし。
といっても多分しばらくはお目にかかれないだろうし、またいつか。


マジックの物欲

イタリア語版リバイズドのスターターパック。

revised.jpg


開けるべきか、開けざるべきか…。


グルランドが欲しい。
あの美しいイラストと異様な希少度。
惹かれるわー。

ということで、現在グルランドの市場状況を全力で調査中。
eBayなら比較的日常的に取引があるようだ。

相場は1種当たり40ドル程度。
…って5000円近くするのか。
基本地形なクセに生意気な。

おばけ屋敷ゲーム

最近はボードゲーム買い足そうにも、今あるので満足してるのが現状。

カタン
スコットランドヤード
カルカソンヌ
ブラフ!
乗車券
操り人形
サーガ
6ニムト!
モンスターメーカー ソフィア聖騎士団
妖精奇鐔

ここらへんを回してるだけでかなり遊べてしまう。
これ以上増やしても部屋に置いておけないし。

と思ったが、久々新作(?)


Ts290256.jpg


おばけ屋敷ゲーム


いや、子供向けだからといって馬鹿にしてはいけない。
意外と面白い…らしい。

かなり安く買えたので、面白かったら儲けもんということで。

あとは面子だな。
現状では最大の難関だよ。

ポスター

現在部屋の壁に貼ってあるポスター。

Ts290235.jpg

Du Chat Noir
Rodolphe Salis


だいぶ前にヴィレヴァンで見かけて購入。
ステキな黒猫さんに惚れてしまったのさ。


決してCAVEのアナグラムが入ってるわけじゃないよ。

マッチ

天啓を受けた。大塚製薬の神様がHAL200に微笑んだ。

何が起きたかって、まあ、急に「マッチ」が飲みたくなったという、それだけのことです。

マッチ。あの独特の味が賛否両論ですが、アレが私は大好きです。

飲みたくなったら買う。間違いはない。
売ってればの話。

駅4つコンビニ2つをハシゴしても見つからず、仕方なく他のに逃げたがいまいち満たされない。

あんなメジャーな(?)ものがどこにもないところを見ると…

なにかガ、オキテイル。

きっと…。

携帯ゲーム機

界王拳を使うと戦闘力が3倍になったり4倍になったり、
果ては20倍になったりするらしい…。
通常の20倍っていうと滅茶苦茶凄いように感じるけれど、
実生活では意外とそうでもない。

例えばこのBlog。

先月の記事は1件。
Blogを始めた2005年7月は21件。

20倍である。

何がいいたいかというと、最近のHALは怠けすぎであるという事。
計画的な時間の使い方をしないとね。

…おおっと前置きが長すぎた。
どうも。HAL200です。


ついに次世代ゲーム機買っちゃいましたよ!!

ゲームギア?
ワンダースワン??


ノンノン

ゲームボーイアドバンスだ!!



…あれ?


まあ、うん。かいましたよと。
で、ゲームボーイミクロとかSPとか出てたけど、フツーのでいいやと思い
フツーの買ったら


なんか画面暗くね?


バックライトついてないんだコレ。
必死で画面の角度を変えてプレイしてるけど、
みんなが5年前(もっと?)に歩んできた道を辿ってる感じがしてカナシイヨ。

いーもんウィザードリィとマリオたのしーから。

ゆくゆくはマジコンを買って月姫とひぐらしを…。

パプリカ

パプリカ

見てきました。

話の内容としては
他者の夢の中にダイブできるサイコセラピーマシンが何者かに盗まれた。
次々と他者の夢に侵入する犯人に対抗するため、サイコセラピーマシンの
製作者でありセラピストである「パプリカ」が立ち上がった・・・。


といったところか。

監督は今敏。
千年女優、パーフェクトブルー、妄想代理人と
・演技と本当
・妄想と現実
・夢と現実
の境を連続するイメージで表現するという独特の手法が売りだったわけだが、
今回は夢と現実の境がハッキリしすぎていて今ひとつ実力発揮できてないなぁ…。と。
シーンの使いまわしも目立ったし…。

期待が大きかっただけにがっかりです。


同じアニメ映画だったら
時をかける少女
の方がぶっちぎりで面白かったです。
まだ地方では上映中らしいので、鳥取へお越しの際は、是非。

オンラインゲーム

はじめました。

というと90パーセントがウソですね。

Magic Work Station

というオンラインでマジックが遊べるソフトがあるんです。

特徴としては
・マジックオンラインと違って無料でできる
・Apprentice32と違って画像が出る

というかなりいいとこどりなソフト。

画面はこんなカンジ

mws.jpg



とりあえずインストールしたけど、外部の人とやるのが面倒くさく、
導入したのみにとどまってます。

みんなでコレ入れて、WILLCOMで通話しながらデュエルしようぜ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。