脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

2007年02月の記事

LISMO

携帯電話換えたぜ!!

今回の携帯は2Mピクセルのオートフォーカスカメラと1GBのメモリスロット、そして音楽プレイヤー機能LISMOが付いて厚さ15mmのW44K。

と書くと凄そう。

しかし
そもそも

auってどうなの??

お客様満足度No.1とか謳ってるけど

俺は満足してない

機種:厚い・ダサい
一時期デザイナーズ某とかでデザイン重視の機種を出していたが、最近全然良くない。
また、新製品ラインナップは機能性重視に傾倒しすぎている。
薄さ重視のユーザーは?

アプリ:少ない
auのアプリ(BREW)は許可制で、自由に製作することが出来ない。
なのでフリーのアプリも製作しづらいし、auにとって不利となる(ユーザーには望まれている)一部のアプリ(jigブラウザとか)がリリースされない。

携帯サイト:少ない
これまた許可制なんだそうだ。他社のサイトも一応許可制らしいが、auは製作したページ全てにauサイドからのチェックが入るからあんまり作りたくないんだそうな。(携帯サイト作ってる人に聞いただけだから本当かは知らないけどね。)

音楽機能:糞
楽曲管理ソフトau MUSIC PORTを使用すればPC⇔携帯間の音楽のやり取りができるが、HE-AACにしか対応しておらず、ビットレートはなんと48kbps!!
さらにmp3→HE-AACに未対応。
その上au MUSIC PORTはWindows XPのみ対応。せめて2000にも公式に対応してくれよ。

というこんな感じ。
MNPでauに大量顧客が流れてきたらしいけど、どうなん!?au。

スポンサーサイト

20億光年の孤独

3連休が嫌いだ。

出かけない日が2連続すると内省的になる。

言いようのないぼんやりとした不安に苛まれて、
自分が空虚自身になるような、そんな感覚。

万有引力とは引き合う孤独の力である、なんて事を言った人がいたなぁ。
とか考え出したりして。

更に悪い事そんな内省的な状態で独り酒なんか呑んじゃうからもうそれはそれは…。

しかしこの酒はなかなか旨い。

真鶴(まなつる) 純米吟醸 田中酒造

新宿高島屋で獺祭を買おうとしたら店の人(多分田中酒造の人)に勧められてお買い上げ。

この私が他人の意見なんかに惑わされるとは…しかし、うめぇじゃねぇかコンチクショウ!

香りは華やか過ぎないがきれいな香り。
辛さ、旨みともにバランスの取れた良い酒といったところか。

とこんな事を綴っていたらだんだん元気になってきた。

「精神とはかくも無駄なもの」とはよく言ったものだ。
やれやれ。

対戦相手

対人関係に少々欠陥のあるHAL200です。

このブログをずーっと見てみると
なんと身の回りの人名がほとんど出てこない。
対人関係が苦手なんだろうねきっと。

趣味でやってるカードゲーム(Magic;the Gathering)でも
本当はショップでデュエルしたいのに声をかけられなくてそのまま帰ってきちゃったり、
トレードも出来なかったり。

というわけでさし当たっての目標は
仕事終了後に都内某所のショップにぶらりと入ってその場にいる人に声をかけて
デュエルして帰ってくること。

今は仕事が忙しいけど、暇な時期に入ったら、やりたいなぁ。

顔写真

mixiの写真欄

何もないのはなんだから

さしあたって

top1.jpg


ホワイトロリータにしといた。

でもコレじゃダメな気がする色々と。

でも顔写真なんてないし…。

でもダメな気がするし…。

でも絵もないし…。

そもそも写真欄に「ホワイトロリータ」を載せる意義ってなんだろう。
何も考えずに掲載したのは安易すぎたかなー。

「ホワイトロリータ好きなんですか?」なんてそんな捻りのない質問が来たらどうしよう…。

間を持たせる自信ないよ…。



なんかもっとこう「たべっこどうぶつ」とか「ハイハイン」とか
確固たるのメッセージ性があり尚且つ親しみを感じさせるものにすればよかった。


mixiが怖い。というより人が怖い。
みんなもこんな重圧に耐えてるんだよね。
みんな凄いな…。

みんなで鍛える全脳トレーニング

始めました。

公式ページにリンク貼ろうにも、なぜか公式ページがない。
何故だ…。

面白いけどコイン持ちが異様に悪い。
クイズマジックアカデミーに慣れてると札の溶けっぷりにビビる。




現在脳年齢28歳。
22歳と48歳をものすごい勢いで行ったり来たりする。
気分は文字通り脳内バック・トゥ・ザ・フューチャー。

ヤフオク

今日も「はだゲン」楽しいな。
全巻揃いまであと4冊。

HAL200です。

ヤフオクをずーっと見てます。

マジックは基本的に落札価格が安定してますね。安心して1円スタートできる商品かと。

しかしタイミングによってなぜか手薄になる商品があるようで、相場より随分安い値段で落札される事があるようです。

たとえばグルランド5枚セットで15000円(相場25000前後)
たとえばforce of will4枚セットで7500円(相場9000前後)
たとえば不毛の大地4枚セットで500円(相場2000~)

出品者がっかりだよ。
もうがっかりを通り越して憤りを覚えるよきっと。

だから手薄な商品を見掛けたら適当に競り上げてやってください。

え?落札しちゃった?
…じゃあ使わないとね。

侏儒の言葉

IMEの「手書き文字認識」ツールで
自分の書いた文字が認識されない時。
悲しい・・・。

HAL200です。


初版本。
芥川龍之介の。

侏儒の言葉」届きました。
1年前からずーっと欲しかったもので、このたびめでたく購入しました。
届いたものを見てみたら、お値段ほど状態が良くなかったのでちょとがっかり。

で、「侏儒の言葉」。
芥川の晩年の作品で、単行本として発売されたのは彼の没後の昭和2年。

独特の切り口で綴るアフォリズム(警句)集で、
例えば

人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのは莫迦莫迦しい。重大に扱わなければ危険である。

なんていう感じのことがだばだば詰まってる本です。
かの有名な(?)
人生は地獄よりも地獄的である。
っていう言葉もコレに収録されてます。

初版にこだわらなければ文庫版もあるし、
青空文庫にも収録されているので、
こちらでも、どうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。