脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

2007年04月の記事

謎の彼女X

HAL200が「謎の彼女X」への思いの丈を吠える!

だって2巻が待ちきれないんだもん。

謎の彼女X
アフタヌーンに連載中。
ちっ。またアフタヌーンかよ。という突っ込みは置いといて。

変態純愛青春マンガ。
何ってもうよだれとかよだれとかよだれとかが満載です。

決して電車のなかで読まないように。
読もうものなら「私は変態です」の張り紙を背中に貼られて石を投げられます。

キャラ設定とか雰囲気とかがなかなか個人的ツボなのだが、設定的にネタ切れを起こしそうな感は否めない。

頼む!こんどこそ続いてくれい!

スポンサーサイト

フルコンプ

Magic: The Gathering - Trading Card Guide Magic: The Gathering - Trading Card Guide
(2006/07)
Schwarz Maerkte U. Figure
この商品の詳細を見る


Magic The Gathering Trading-Card Guide
を買いました。
アルファからディセンションまでの英語版カードが全てフルカラーで収録されています。

当然ぶ厚いわけで。
大体タバコの箱の横幅と同じくらいの厚みがあります。

印刷の鮮明さと1枚当たりの大きさはまぁまぁ。
ネクロポーテンスくらいのテキストの大きさならギリギリ、巨大カキはアウトって感じか。

昔のカードイラストってこんな雰囲気だったよね、
なんてことをさらっと言いたい方にはオススメです。

Magic Player Rewards

「わかば」メンソールが夢に出てきた…。
おはようございますHAL200です。


そろそろマジック公式大会に出る機会が増えるかと思い、報奨プログラムにエントリーすることに。

報奨プログラム。
公式大会5回出場でプロモ1枚がもらえる。まあ登録しといて損はなし。

登録します!よろしくパソコンさん!!

『DCIナンバーとパスワードを入力して下さい。』
パスワード?そんなもん設定してないよ。
   ↓
『それじゃぁDCIメールアドレスを入力して下さい。』
?それもないよ。
   ↓
「会員証に書いてある起動コードを入力して下さい。」
それもねえ!

仕方なくFAQを読むこと30分。
分かったことは、この問題は「よくある質問」ではないということ。
そして自分は英語ができないということ。

そもそも日本語ページがないってどうなん?子供泣くぞ。

FAQからわからないため仕方なくメールを送ることに。
おお即時対応してもらえたぞ。
お客様は神様だからな。この業界は特に。
英語わかんなくても人生何とかなるね。

報奨プログラムも登録したことだし、プロツアー横浜(のサイドイベント)行ってきます。

ダーツ

久々にねぎ、ぺんた(ひいらぎさん)、どんたに会う。

team通天閣にしては珍しくダーツをやりました。
適当にカウントアップで肩慣らし。
2ゲームめ以降ひたすらサバイバー。

刺しに行ったら返り討ちにあったり、何故かいきなりフクロにされたり、なかなか熱い。

で、最終ゲームで罰ゲーム適用。

1位の指定したゲーム(ゲームセンター内)を4位がやることに決定。


んー指定したゲームねぇ…。
…はっ!気付いた。どんた、お前も気付いたか!

はる&どんた「ちょ…wwww。あーいや、ゲームは何でもいいんだよね?」
ぺんた&ねぎ「?いいんじゃね。」
はる&どんた「勝つ。絶対。」


…で、沈めました。ぺんた&ねぎを。


罰ゲーム!!



ぺんた「うわーい愉しいな。」
ねぎ「はやいぞ、はやいぞー。」


…きかんしゃトーマスに乗ってもらいました。

はる&どんた「いいよいいよ二人とも~。もっと笑って。」

ゲラゲラ笑いながら撮影をするはる&どんた。
端から見たらキ○ガイ連中にしか見えない。

まあ、いつもの事だが。

いじょ!

ドリキャス

好きです、ドリキャス

ドリームキャスト。ご存知ないあなたのために一応説明。

ドリームキャスト。通称ドリキャス。もしくはムキャスト。
プレイステーションに対抗すべくセガが投入した「次世代機」。
(まあ本当はプレステ2とがっぷり4つする予定だったのかもだが…。)
しかしあまり売れず、最終的には9,900円で投げ売られる始末。

敗因はキラータイトルに恵まれなかったから、という負けパターンの王道。
セガサターンの下位互換がないのも痛かった。

しかしアーケードマシンでよく使われる基盤「NAOMI」に互換があることが幸いした。
NAOMIのゲームを比較的お手軽に移植できることから、今なお新作が発表され続けている。

その主なものに
・斑鳩
・式神の城2
・トリガーハート エグゼリカ
等がある…む。シューティングばかりだな。まあいいや。

そんなアーケードゲーマー向けの機体ではあるが、
・コントローラーがとにかくヘタレ
・テレビだと画面が滲む
という問題も。

そこで夢のドリーム作戦発動。
ドリームキャストをアーケードに近い環境で遊ぼう企画。
用意するのは
・ドリームキャスト本体
・VGAボックス
・アーケードスティック

以上。

これでバッチリアーケードとほぼ同じ綺麗さで遊べる、はず。

Kc380010.jpg



なんというかまあ、やっちゃったわけだが。
しかし日に日にPCまわりの配線がごちゃごちゃしてくるな。

そしてスティックがデカい。
置き場所どうするよコレ。
まぁ、幸せだから良い。

ケツイショク

ケツイ大好きHAL200でっすこんちは。

ケツイ~絆地獄たち~

ついについについに!
移植?ですよバンザーイ!



DSに。





!?…ディ。





DS!?



DSDS?DS?DSDS!???




ディ…。???




??



嗚呼…あうんあ。?

…おっと軽く発狂しちゃったすまんすまん。

えーっと移植は公式発表はまだだが、着々と開発は進んでいる模様。

完全移植ではなく(そりゃそうか)、再現移植になりそうだ。

DS。で、弾幕。
期待してます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。