脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

2007年10月の記事

ホブゴブリン

想像してほしい。

071028.gif


こういう形のステンレスのブラシ(直径3mm)を

尿道に入れて

引っ張・・・

ううああぁぁっぁぁぁぁあああ!!!


最低な語りだしだな。HAL200です。

今日の話はビール。

ホブゴブリン

いつもは味がどうのこうの言っておりますが、今日は違います。

Kc380096.jpg


ラベルが最高に良い。
まず名前がホブゴブリンというだけでツボなのに、
さらにはこのかわいいイラスト。

青と金の色使いもきれいだし、
さりげなく星を配置したデザインも非常に良い。

コレは是非ファンタジーをつまみに呑みたいですね。
例えば
指輪物語(小説、映画)
 「ああ、これぞ一四二〇年もの、まちがいなし!」
エルフェンランドエルフの玉座(ボードゲーム)
 「長旅のあとにはビールが美味いわー。」
ドラコカンパニー(ボードゲーム)
 「乾杯!乾杯!乾杯!」
ダンジョンズ&ドラゴンズ(TRPG。映画ではない)
 「さて、君たちは『踊る子馬亭』に入り、最高のエールにありつくことができた。」

エルフェンランドに関しては、相当妄想で補う必要がありますが、
そこはがんばると。
我々の頭は帽子の台ではないのだから。
使ってなんぼですよ。


では、今日はこれくらいで。



尿道がああぁぁ!!

10月13日 Caromボードゲーム会

4人集まるのは久しぶりでした。
やはり4人は良い。

参加者はHAL200、ねぎ、ひいらぎさん(旧PENTA)、あとからどんた。


カタン×2

どんた氏の到着までカタンカタン。
3人は手番がさくさく回るし、島が広いしでなかなか良い。

1ゲームめ。

敢えて鉄鉱石を捨てて道&家戦略でいくことに。
うん。無理!

ねぎが鉄鋼の大量生産輸出体制を作ったものの、泥棒常駐でげんなり。
結局資源をスムーズに回した柊が勝ち。

2ゲームめ。

柊がカード逃げきり戦略を発動。
道賞家賞から最速フィニッシュを狙うものの、あと一息が足りず。
1位ねぎ~。

カタンは何度やっても面白いなー。
何度やっても強くならないけど。

ねぎが初プレイだったそうな。


で、ココでどんた師範が参戦。


ごきぶりポーカー×いっぱい

ライトなカードゲームとして定評のあるごきポ。
どんた初プレイ、その他メンバーは2回目。
こんな面白いものをなぜ今まで放置していたのかが不明。

結果。

柊が全敗。
テンパり&自爆の柊に萌え萌え。

柊「あうー。今度こそごきぶりだもん。」
ねぎ「(・∀・)ニヤニヤ」
…おまいら何プレイデスカ。


モダンアート×3

ここで完全な初物。

感想としては、「素晴らしい」。
さりげない駆け引き、探り合い、協力と裏切り、市場操作。

ルールもシンプルでとっつきが比較的いい。
結果としては一度も勝てなかったが、いろいろ研究してみたい。

(途中までルールを勘違いしていてました。
みんなスミマセンデシタ。。)


将軍

完全初物2つ目。

準備したところで眠くなり、1ラウンドこなして終了。
所感。
処理が非常に洗練されているため、スムーズに思考を楽しむことができる。
ウォーゲームの濃縮エキスをすすっている感覚か。
(ウォーゲームやったことないけど。)


というところで終了。
疲れた…いや疲れていない。
もっとやりたかったのだが、朝4時じゃあ仕方ない。


眠い目こすりながら付き合ってくれたねぎ
遠い海からきたDONTA
店が忙しい(たぶん)土曜日に時間をくれたひいらぎ
お付き合いいただきアリガトウでした。


次回4人集まれるのはいつになるやら。
それまでは3人プレイのゲームをやりますか。

3人プレイのゲームというと
・サンファン
・プエルトリコ(本当は4人でやりたい)
・レーベンヘルツ
といったところか。

では、また。