脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

2007年11月の記事

神戸在住最終巻

神戸在住最終巻発売!

地元の本屋にないから新宿の紀伊国屋まで来たわけだが…。

売ってNEEEEEEEE!

えっ発売日延期…。また…。
来年1月ですかそうですか。

バトルライン

神戸在住」最終巻発売まであと3日!


2人用ゲーム「バトルライン」をどんた氏とプレイしましたよ。

ルールをざっと説明。
一言で表すならカードを使った「棒引き」。
カードを1枚プレイ→1ドローを繰り返し、3枚1組のポーカー役をつくる。
役の強弱で9つのフラッグを取り合う。
プラスアルファの要素として戦術カードがある。

引き運と戦略のバランスが良くとれており、非常に面白い。
悩みどころが結構あってプレイ時間は30分とまぁまぁ。
ゲーム好きと会うときに、とりあえずカバンに入れておきたい。

戦術カードが強すぎる、という一般の評があるが、私はそうは思わない。
ゲームをドラマティックにするがスポイルするほどではないだろう。
ガチのゲームが好きか嫌いかで評価が変わるのかもしれない。
まぁ戦術カードなしのルールでもできるのでそこはお好みで。

相手の持っている戦術カードをある程度想像したり、長期的な手札のマネジメントをしたりというレベルになるとさらに面白いだろう。

いや、これハマるわ。
2人用ゲームは「ガイスター」しかプレイしたことがなく、
(MtGとか将棋チェスは別ね。)
あんまり期待していなかったのもあるかもしれないけどね。

日本語版が絶版になる前に購入しておくことを強く勧めたい。


あー何度も修正を繰り返してたらグダグダな文章になっちゃったよ。
もういいや。上げます。

移動時に読む本について

「症状」と打ち込んだら「少女湯」と出た。
むっはー。

あっ、タイプミス。HAL200です。


漫画「カラスヤサトシ」面白いよね。
カラスヤサトシのキモカッコワルさとシャープさにいつも驚かされる。
毎月アフタヌーンを読むたびにこっそりチェックしています。

出張の帰り、単行本を新神戸駅で購入。

あ、気づいたら名古屋だ。
4コママンガ1冊読むのに1時間半かかるってなんだ。
おかげで3時間の新幹線の苦痛が軽減されたよ。

新神戸キヨスクの品揃えの空気読みっぷりに嫉妬。

そういえばキヨスクの本コーナーはどういう基準で本を揃えているのだろうか。
売れ筋と新刊は入れると思うけど、その他は?

古典名作は売れなそうだし、SFとかホラーとかのマイナージャンルもダメ。
となると…軽く読めるものとかエロとか、あとは短編集か。

上記の例を適用するならば、ライトノベルなんかは最適ということになるな。
しかし一度もキヨスクで売ってるのは見たことない。
キノの旅とかブギーポップとか置いてみませんか?JRさん。
新幹線の中で古橋秀之とか橋本紡とかを読むおじさんが増えれば、世界はもっとポップなものになると思わないかい?

といったところで、では。