脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

2008年05月の記事

5月25日公民館ゲーム会

超絶久々の2point公式公民館ゲーム会でした。
今回は7人もの人が集まりました。

プレイしたゲームは頭脳絶好調、スコットランドヤード、6ニムト、カタン、カルカソンヌ。
超絶スタンダード尽くしでした。

頭脳絶好調




会場設営が終わってひと段落ついたところでどんた到着。
2人で楽しい良いゲームというところで2point内初の頭脳絶好調。

ルール概要。

一言で言うとマルチプレイの連珠。
自分のターンにすることは以下
1.6枚の手牌から1枚プレイする。
2.置いた牌に書かれた図形と隣接した図形について得点する。
3.牌を引く
これだけ。

自分が牌を置くと他人はそれを足がかりにしてより大きい得点を取ってしまう。
他人においしい位置に牌を置かせないようにしながら利益を得るのがコツ。

プレイしての個人的な印象は「優等生」
わかりやすく完成度の高いルールや、アブストラクトライクなデザインが好印象。
面白いけど突き抜けて面白いということもなく。
でも定期的にプレイするのは良いかもしれない、そんなゲーム。

ルールが簡単でやりたいことも見えやすいことから、ファミリーゲームといえるかな。
家族みんなでお正月にプレイしていただきたい一品。

さて結果はというと。
中盤、お互いなぁなぁになり、大きく稼ぐでもなくガッチリ叩くでもなくマッタリ展開に。
終わってみればタイブレイクでどんたの勝利。


途中で入ったダッチを加えて3人絶好調。
見てるだけでインストが完了するとはなんて素敵なゲームなんだろう。

結果。
得点を取るだけ取り、あとは他人の得点源を埋めるヒットアンドアウェーがうまくハマった。
終盤はちょいちょいとやって終了。勝利。


ペンタ、KINOが到着。5人。


スコットランドヤード

「食い逃げだー!」
「逮捕だぁぁ!!」


080525-110605.jpg

犯人はKINO。世界最弱非武装捜査官出動。

3ターン目。犯人居場所公開。
080525-115515.jpg

むおぉ。近い、近いぞぉぉ!
犯人の長距離移動を止めるためにバス停、地下鉄駅をがっちり固める捜査官。

「今日はマイドーターのバースデーでな。さっさと終わらせて帰りたいもんだな」

あっ。死亡フラグな発言出ちゃった。

捜査網を鮮やかにすり抜ける食い逃げKINO。
逮捕まで後少しのところまでいくものの捕まえられない。
じりじりと減り続ける移動チケット。迫る時効。

結局最後まで捕まえられませんでした。
クヤシー。


昼飯を食い終えたところでヒロとねぎが到着。
7人。すげ。


6ニムト

080525-133636.jpg

7人で1卓立てたかったので6ニムト。

もちろん罰ゲーム採用。

ライフリセット ニトロン

伝説のドリンク降臨。
あまりのアレっぷりに何人もの戦士が命を落とした(うそ)危険ドリンク。
家で激しく死蔵していたのを発掘して持ち込み。
賞味期限は2007年4月
むーん。

結果。
ねぎ、ペンタ、HALが爆死。

ニトロン+カレーラムネ
…カレーラムネ?
むーん。

HAL爆死。

くっさ!辛っ!痛っ!
ニトロン+炭酸なだけで危険なのにカレー臭が…。

わしは
とても
たえられん
わい


ここでねこさんチームとくまさんチームに卓分け。

ねこさんチーム。HAL、KINO、ねぎ、ダッチでカタン。
くまさんチーム。ヒロ、ペンタ、どんたでカルカソンヌ。


カタン

080525-154717.jpg

ボードゲーム近辺をひとまわりしたあとのカタンは意外と面白かった。
一時期食傷気味だったが、やっぱいいゲームだーね。

中盤以降モリモリとネギのところから資源が出つづける。
3港でのパワープレイでネギが順当に勝利。

交渉の要素が入るから初心者にはキツかったかなー。


隣のカルカ卓は都市のビッグプロジェクトが凄いことになっていた。
080525-155237.jpg

しかも結局完成したとか。
オソロシイ。


ここで夕方4時半。終了。
あとはひたすら夕飯食いながらウミガメのスープ。
個人的には好きだけど、得手不得手がはっきり分かれるみたいだな。
回答者によってはお地蔵さんになっていたのが残念。

日曜は夕方までしか出来ないのがキツイ。
土曜の昼から夜ででもやろうかね。
スポンサーサイト

モダンアート難しい。

モダンアート。
面白いけど難しいなーと思うゲームの一つ。

相場観がなんといっても難しい。
落札者から出品者に金が動くというのがネック。

例えば売却フェイズで30の値がつく絵画があるとする。
単純に29でビッドすればいいかというとそうではない。

仮に29で落札した場合、落札者は1の得なのに対して出品者は29の得になる。
このような相場だと出品者の圧倒的有利になり、出品した絵画の枚数、ひいては持っているダブルオークションカードの枚数がそのまま順位になってしまう。


では、どうするか。

分かりません。

単純に利益折半ということで15でビッドすれば良いかというとそうではなく、非常に微妙な話になってくる。
20くらいで落とせるかな?と思ってるうちに気がついたら27で落札とか。だめじゃん。

この部分は誰にも分からないのではないだろうか。
そのあたりが本作を名作といわしめている所以なのではないだろうか。


何が言いたいかというと、モダンアート、やりたいなぁ。

身内宅ゲーム会(長いよ。)

「攻めの反対は受け」でお馴染みのHal200ですどうもー。

今回はレギュラーメンバーのHal、どんた、ペンタの3人。
プレイしたのはハンザ、エルグランデ、ゲシェンク、その他諸々。

ハンザ×2

シャハト作アクションポイント制のピックアップ&デリバーゲーム。
バルト海沿岸都市を船で回り、商品の仕入れ・販売をする。
船コマのいる都市でしかアクションを行えないこと、使用する船は全員共通なこと、回れるルートが決められていることがミソ。

あそこまで行きたい買いたい売りたい支店作りたいでもアクションポイント足りない。
やるか…止まるか…ハァ…ハァ…。
くそうシャハトめ。

よしいい具合に回り始めたぜぇぇ!
終了?えっ、もう?ちょ、まだやる~。
くっそうシャハトめぇぇ!!

というかホントに終了のタイミングはこれで良いの?
3人ならまだしも4人だと
「俺たちの商売は始まったばかりだぜー!!」
シャハト先生の次回作にご期待下さい。

ってなるんですが。

うーん。
あと5回はやらせろ。話はそれからだ。

結果~。
「勝利のDNA」でお馴染みのどんた氏が2連勝。
うう、2戦目は結構いけたと思ったにのう、悔しいのう…。


エルグランデ

エルグランデ面白いよ~。

序盤、辺境に1つづつ騎士を投入(ここでパワーカード1、13を使用。)。
あとはひたすら守る戦略を採用。
中盤、どんたペンタがカスティリアを中心に大量の騎士を投入するものの、序盤のリードが効いて勝利。

3回ある得点計算のウエイトが同じことから、序盤から走った方が有利な気がする今日この頃。


ゲシェンク

え?ゲシェンク買ったの?って買ってないです。
ニムト+チップ=ゲシェンク。
OK!!…ぜんぜんOKじゃないけど。

カードに書かれた数はマイナス。
1枚1点のチップを置けば引き取らずにすみます。
カードを引き取ってもすでに取ったものと数字が連続していればノーダメージ。

30がめくれた!引き取ったら大ダメージだ!
ほらほらみんなチップ載せてよ俺は29持ってるから痛くないからさぁ。
という感じかな。

チップを載せるか引き取るか…。
この2択なのに面白いのはムガルと同じ。
ムガルは上家に降りられるのがムカつくが、コレはマイナスも押しつけてるので悪い印象があまりない。
個人的にはニムトより良いパーティーゲームだと思います。
ニムトは爆発力はあるが取っつきが悪いという個人的イメージが強いので。

プレイした結果。
ペンタの30以降のカンチャン待ちにしびれる。
ペンタさんカッコいいっす!でもやっぱり勝ってねぇっす!!
オイオイ。


ここで終電なくなり惨敗(ゲームスペース柏木用語。徹夜。)コース。


Magic; the Gathering レガシー

しばしレガシー。結局ブンブンが勝つ。

とりあえず今の課題は十手見ただけで萎えるのをやめること。


エルグランデ

どんたが寝落ちしたのでペンタと2人エルグランデ。
2人だとサクサク進むので驚くほど軽い。
2人でも面白いです。でも1つの選択ミスが致命打になりかねない。
今回は6、7点の土地集計アクションで一方的に21得点を叩き出し、一撃終了。


数陣タイセン

DSのボードゲーム数陣タイセン。
アイテムがあるマップが面白いです。
2人プレイはガチガチな感じで面白いけど、これ3人でやるとどうなんだろーな?


テトリスDS

「ほーらこの棒をねじ込んでやるぜ。」
「らめぇ!逝く、逝っちゃうぅっ!!」

えーっと…テトリスです。
テトリスですよ。本当に。


いじょー。
まぁあとはgdgd。


まだまだHALのボドゲ熱はさめません。
次新ネタやるとしたら頭脳絶好調かレーベンヘルツ。
押忍。

再販とかルールとか

ラーの英語版を再販していたUberplay社が廃業だとか。
今後ラーの入手がちょっと難しくなるかも…。

と思っていたらRio Grandeからもラーが再販される模様。
funagainで予約受け付けてる。

ここで買っておくか、それともスルーするか悩ましい。
競りゲームはモダンアートがあるから十分といえば十分なんだが、もしやりたくなったときに絶版になっていたらと考えると…。うーむ。

再販されたアクワイアはもう出回っている模様。
国内にはまだ来ていないのか。

ムガルがRio Grandeから再販されるかも。
それとも同名の別ゲーかね。

王と枢機卿は…。
いつか再販されるといいなぁ。

買うだけ買って消化不良を起こしている人の気持ちも分かるなー。


話変わって(変わらないけど)。
未プレイ品のルール把握の話。

ハンザのルールがわからない。

いや、ルールそのものは分かるんだけど、勘所がイマイチ見えてこない。
勝つために何をしたらよいのか、どの部分がゲームのキモなのか、楽しむべきポイントはどこなのか。
誰か教えてくれると嬉しいです。

その他の所有ゲームは大丈夫。
枝葉末節に及ぶと怪しいけど、大筋理解してれば問題ないね。

そんなところで。皆様よい週末を。

5月4日ゲーム会。

今回は昼から次の日の朝まで。
時間的には長いのだがプレイしたゲームの種類は少ない。

面子はHAL、どんた、ペンタ。後からネギ。


エルグランデ×3(ショート→ノーマル→ショート)

初めてのノーマルゲーム。

ノーマルの方が面白いなー…ってこれストック無くなるんかい!
ショートゲームの感覚でひたすら騎士をばらまいていたら、ラスト2ターン前に騎士がなくなった。
ばらまけばよいというものではないらしい。

勝敗はどうだったかな…。
ペンタへの受けも良好でいい感じである。

1ゲーム2時間超で運要素も弱い方なのに、そんなに重い感じは受けない。
なぜだ?面白いからか?

今後の課題は長期的戦略の構築と戦局の濃淡の見極め。
得点決算のタイミング、めくられたカード、王の位置の3つが濃淡のファクターとなるのだが、まだよくわからない。
これを理論的に判断できればかなりうまく運べると思うのだが。

またやろう。


海亀のスープ

シチュエーションパズルとかいうゲームらしいです。初めて知りました。
ボードゲームではありません。

ゲーム概要
一言でいうと回答回数制限なし激ムズクイズ。

プレイヤーは出題者と回答者に分かれる。出題者は例えば下記のような問題を出す。
「男はレストランで海亀のスープを飲み、その晩自殺した。なぜか?」
回答者は出題者に質問をし、出題者は「はい」「いいえ」「関係ない」
で回答する。
例えば下記。
「海亀のスープを飲んだのは男の意志によるものか?」→はい。
「海亀のスープは不味かった?」→いいえ。
「自殺は男の信条によるものか?」→いいえ。

最終的に回答にたどり着けば終了。
回答はストーリー仕立てになっているため、すべてのストーリーを解き明かして初めてクリアとなる。
勝ち負けがないところとか、対話でゲームが進むところがTRPGっぽい。
これ面白いな。
難点は一度やった問題は2度と出せないことかな。

問題集をどんたが買うとか買わないとか。
期待してます。


ここでネギ家へ移動。ネギと合流。


Magic; the Gathering ブースタードラフト

最新エキスパンション、シャドウムーアで4人ドラフト。
ハイブリッド盛りだくさんで色のシナジーがたくさん発生するのが面白い。
できたデッキは黒青赤。熊不在なのが不安だが強力クリーチャー並べてプロレスモードに持ち込めます。

結果。3勝0敗。
バンシーの空気読まなさっぷりに戦慄。
バンシー強いよバンシー。


キュージェット×4

最近なぜかヘビーローテのQ-jet。
気が付いたら今回だけで4プレイしている。
ペンタによるネギ妨害作戦が炸裂。ネギがピットインできず死亡が続く。
もはやレイプといっても過言ではない。

このゲーム、先手が圧倒的に有利とか引き運で決まるとか野暮なことはいわずに仁義無き潰し合いを楽しむべきなんだろーな。

それにしても。
1位のプレーヤーがピット手前でエンストするのはヤメレ。
(手札が6のみになると強制パス。)

どんた!おまえじゃ!いい仕事すぎ。


ゴキブリポーカー

ブラフをかけるか、正直に行くか、考えれば考えるほどズブズブになる。
そもそも考えた方がいいのか、考えずに行くべきか。
うーん。

ネギがトリプルリーチまで追い込まれたのち、しばらくは健闘。
まぁ結局は猛攻の前に轟沈する運命でした、と。
珍しく(失礼)ペンタが快調だったのが印象的でした。

ここで終了。

ドイツゲームも仲間内でずいぶん浸透したなぁ。
M;tGから転向したてはどうなるかと思ったけど。

しばらくは遊んでくれる人もいそうだし。
よかったよかった。

消しゴムはんこ




消しゴムはんこ作りました。
2pointのハンコをずっと作りたかったので、
ようやく、といったところかね。

デザインがいまいち。
まぁ、これでいいか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。