脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

2009年11月の記事

ボードゲーム(ドイツゲーム)は何っぽいか

すでに誰かが書いているかもだけど。
ボードゲームは何っぽいかという話。

私が普段遊んでるボードゲームの話を誰かにすると、以下のようなことを聞かれます。

「なんで次から次に新作のゲームを買うの?」
「そんなたくさんのゲームが必要なの?」
「なんでゲームの感想なんかをblogに書き込むの?」
「有段者の指導を受けたりするの?」

うーん。
ボードゲーム=囲碁・将棋の感覚だとこういう疑問も出るよなー。

でも、こう考えてほしい。
ボードゲーム≒映画と。

PB230450.jpg
(どちらも「古典的名作」)

上の質問も「ゲーム」を「映画」に置き換えれば自然と解決するだろう。

新作試写会に毎週行く人もいるだろ?
十二人の怒れる男もターミネーターも面白いだろ?
見た映画が面白かったら感想を述べるだろ?
映画の研究者は少数だろ?

まぁ、そういうこと。

ついでにボードゲームと映画は楽しむシーンもなんとなく似てるかもね。
同好の士が集まって感想を言い合ったり、家族で楽しんだり。

しかしデートのネタにできないのはボードゲームの大いなる欠点か…。

今日の例文
「気になるボードゲームがあるんだけど、今度一緒にプレイしに行かない?」
スポンサーサイト

ボードゲームマンガ「アクア・ステップ・アップ」続報

アクア・ステップ・アップの4巻を入手しました。
3巻までの情報はこちらのエントリで。
コミック版はやはり全4巻でした。

4巻で出てくるゲームは以下のとおり。
ラー
インコグニト
カヤナック
ハイムリッヒ商会(アンダーカバー2)
アクワイヤ(アクワイア)
マーメイドレイン

4巻はストーリーがメインになってゲームの紹介がおざなりなのが残念。
ラーなんかは「競りゲームの傑作」とか書きながら、競りの流れがよく分からない。
しかも勝者が決まらないまま話が進んじゃうし。

最終話のマーメイドレインは良く描けている。さすがは原作者=デザイナー。
評判のあまり良くないゲームでもかなり面白そうに見える不思議。


乗りかかった船と小説版も調べました。



ボードゲーム漫画の小説版って…存在が奇跡というか挑戦的過ぎるというか。
世界に5000部くらいしかないんじゃないのか?
でも一応2巻まであります。

小説版 1巻
6ニムト(タイトルのみ)
カタンの開拓者たち
フォレロッテ

小説版 2巻
ミッドナイト・パーティ
ファンタスミ(ガイスター)
コズミック・エンカウンター

以上。
内容はまだ読んでません。
なぜって…。

PB150447.jpg

この絵は恥ずかしくて電車じゃ読めないです…。

the 100 2009(ボードゲームのこと)

エッセンも終わったらもう1年も終わりですね。
あと残すは日本ボードゲームシーンの締めくくりとでも言うべきthe100。
(一応まだテーブルゲームフェスティバルもあるけどさ。)

the100は毎年mixiで行われる人気投票。
参加者はベストゲーム15を挙げて集計してもらいます。

いままでプレイ本数の問題から傍観していましたが、今年は参加できます。
15個も挙げていいなら絞るのに悩むこともないだろうと列挙してみました。

アクワイア、エルグランデ、王と枢機卿、カルカソンヌ、キュー・ジェット、コロレット、サムライ、サンクトペテルブルグ、スコットランドヤード、頭脳絶好調、電力会社、バトル・ライン、ハンザ、パンデミック、バサリ、ブクブク、魔法にかかったみたい、マンマミーア、ユニオンパシフィック、指輪物語 対決、ラー、ブラフ、ムガル。

あ、あれ?多い…。
ここから絞るのが辛い…こちらを立てるとあちらが立たず。
さんざん悩んで結局これ。

アクワイア
王と枢機卿
カルカソンヌ
コロレット
サンクトペテルブルグ
スコットランドヤード
頭脳絶好調
電力会社
ハンザ
パンデミック
ブクブク
ユニオンパシフィック
指輪物語 対決
ラー
ブラフ

見事なまでに今年の新作がないという。
まぁ世界的に見ても今年の新作はドミニオンに押されて気味だったのでは。

早く集計始まらないかなぁ。


ちなみに。
HALが予測するトップ10
カタン
アクワイア
ドミニオン
ラー
モダンアート
バトルライン
カルカソンヌ
パンデミック
電力会社
スチーム

トップはあまり動かないね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。