脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

2009年12月の記事

今年の締めくくりエントリ

いかん。
今年もあと2時間。締めくくりのエントリを書き忘れていた。

今年は月2回のゲーム会も軌道に乗り、コンスタントにゲームができる環境がありました。

ラー、アグリコラ、ユニオンパシフィック、指輪物語対決といった傑作・名作にも出会えました。
ただヒロ、タロウ、どんたといった固定面子の存在が大きく、彼らなしにはこれだけの数を一定の満足度でプレイする事はできなかったでしょう。

来年は面子を増やして会に広がりと安定感を出したいところです。

tgiwのボードゲームアンテナにこのブログが登録されました。
いつもチェックしているところだけに、衝撃的でした。

今年は新たにピンボールを始めました。

東京を拠点に片っ端から打ってゆき、Twilight ZoneやGetawayにハマりました。
オモロンとミカドのピンボールがお休みになっちゃったことが残念です。

来年やること
ピンボール:カムバック次第Twilight Zone一周を目指す
ゲーム会:人を増やす
その他:一人暮らしをはじめ次第自宅ゲーム会を形にする

以上。皆様よいお年を~。
スポンサーサイト

ボードゲームグッズ(携帯ストラップ)を作る

ボードゲームのグッズってないね。

いやサプライ的なものじゃなくてさ。
カルカソンヌのコマを使ったストラップとかあれば欲しいなー。
いや、無いけどね。

ないんなら つくってしまえば いいじゃない。
…って結局このパターンですか。

というわけでアイデアスケッチ。

こんな感じでどうよ。
「我遊ぶ。ゆえに我あり」の文字を入れてみました。
素材は透明なビニールで。

まぁ、透明なビニールの加工技術がないから作れないんですけどね。
ダメじゃん。

というわけでアイデアスケッチそのに。
strap2.jpg
ビーズとアルファベットキューブで作るってのはどうだろう。
これならば十分実現可能ですね。


というわけで次回、製作編に続く。で締めようと思ったらもうできちゃった。
便利な俺である。


さて、材料はこんな感じ。

strap3.jpg



・適当なビーズ2種類
・アルファベットキューブ一通り
・ストラップ用のヒモ
・カルカソンヌのコマ
・麻ひも


コマはMeeple Peopleというサイトで購入。
それ以外のパーツはすべて100円ショップで揃えた。

麻ひもにビーズとキューブを通して結び、
ストラップ用のパーツと加工したカルカソンヌ用のコマを付ければ完成。

strap4.jpg

あっさりできる割に意外と見られたものに仕上がった。
材料費は意外とかかった。パーツ1個1個は高くないが集まるとそれなりの額になるな。
そしてアルファベットキューブ3種(母音、子音1/2、子音2/2)を集めるのが大変だった。
ひたすら子音1/2を求めてダイソー行脚をしたのがキツかった。

このストラップをつけてる人はHAL200です。
これを見かけたら逃げてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。