脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

2010年05月の記事

ゲームデザイナー 夜のプレイスタイル

各ゲームデザイナーが好きそうなプレイスタイル(エロい方の)を妄想する。
シャハトはコスプレ好きとかランドルフは●●(検閲済み)好きとか色々考えた。

Blogのエントリにしようと思ったがさすがにマズいだろと途中で気づく。
エントリ1つ分ネタの考え損。残念。
スポンサーサイト

4月24日 日曜公民館会

雑感寄りのプレイレポートです。
今回は5人。うち1人がはじめての人。

プレイされたゲームはカール大帝、アラカルト、サンマルコ、ドミニオン、妖精綺譚、6ニムト、カルカソンヌ。


カール大帝

P4240583.jpg P4240581.jpg

ほぼ2人用ゲーム。
キューブを使った陣取り。

自分の手元にキューブを送り込むことでタイルに置かれたキューブを支配する。
また、自分が支配しているキューブをタイルに送り込む。
自分が支配するキューブが置かれたタイルに自分の城を配置。
最終的にたくさん城を配置したプレイヤーの勝ち。

先に城を置いていても、キューブの寝返りや反勢力増援で城が乗っ取られることが多く安心はできない。
送り込めるキューブの種類はダイス次第。ダイスを握る手に力が籠もる。

先読みの細かさも必要、ダイスの運も必要。なかなか良いんじゃないだろうか。

ルールを読む限りタイルの合併タイミングが良くわからないので、
プレイ前に取り決めておくのがよいでしょう。


アラカルト

P4240585.jpg P4240587.jpg

コンポーネントの出オチなのかと思いきやそれなりに遊べる。
でも2point向けじゃないんだよなぁ。
ノリで押し切れる面子じゃないのは良いところなのか、悪いところなのか。

「ここでパプリカを入れれば料理完成!」
「一振り、決まった!」

ボトボトボト…。

あーあ。


サンマルコ

P4240588.jpg

ケーキの切り分けシステム+陣取り+きれいなボード
サンマルコは良いゲーム。

どんた「この山取れば行動たくさんできるよ!」
HAL「じゃあ俺たくさん行動する!」
どんた「リミットポイントたくさん来るけど」
え?

で、負け。
目先の利益に目がくらむと最終的に損をするのである。
リミットポイントを抑えると貰えるエクストラターン&得点獲得&追放(ちょうつよいアクション)が予想以上に強かった。
橋(駒配置と得点獲得の自由度を上げる)とドージェ(得点カード)を取らなかったのも敗因の一つ。

うん。ふつうに面白い。
しかもプレイするごとに面白くなってくる。
まぁ普通の面白さと言ってしまえばそれまでなのかもしれないけど、これは入手して良かった。


ドミニオン

基本セットでプレイした場合の初手鍛冶屋はアリだと思うんだ。
という細かい話はたぶん解析済みなんだろうなぁ。

面白い。相変わらずプレイ後にモヤモヤするけど。

エキスパンションもどんどん出るみたいね。
陰謀で相当ゲンナリしたけど海辺は結構良いみたいだな。
あと錬金術もなかなか良さそう。


妖精綺譚

ドラフトのシステムは他にもあって良さそうなのに、意外と無いね。
フェレータとか操り人形とかノートルダムとかはなんか違う気がするし。

得点のバランスがもう少しマイルドならばもう少し評価は上がる。
が、単純にドラフトは楽しいです。


カルカソンヌ

何回やっても面白い。誰とやっても面白い。
このゲームのルールでもっとも衝撃を受けたのはあれだなぁ。
「タイルを置く場所は他のプレイヤーと相談できる」
っていう一文。えー良いの?ってとこで。


これで終了。日曜日は朝から夕方までだからあまり重いものに手を出せないけれど、
短めで充実感のあるものを選ぶと結構遊べるな。

4月10日 土曜公民館会

ネギ、ヒロ、タロウ、どんた、HALの5人。
ラー、アトランティックスター、フォーセール、ハチエンダ、ドメモ、スティッヒルン。


ねぎとヒロで3人。

ラー

ラーは、面白い。
でもやっぱりどうしたら勝てるのかが良く分からない。
結局引き?


タロウとどんた来る。


アトランティックスター

100410-161553.jpg 100410-161602.jpg

ルールの概要。

カードを購入して手札に溜めてゆき、特定の組み合わせが揃ったところで公開。
カードの価値が高いほど高得点となる。
とまぁ比較的シンプルなセットコレクション。

カードの価格変動と資金調達のシステムがキモとなる。

カードの価格はタダのものからちょっとお高いものまであり、
市場に出たばかりのカードは高く、誰にも買われないと徐々に安くなる。

資金の調達は自分が完成したセットの価値を下げることで行う。
できるだけセットの価値は保ちたい。しかし金がないと次のセットを完成できない。
この辺のジレンマは嫌らしい。

プレイした。

自分を含む3人の狙う色がかぶる。
狙う色がかぶると当然需要過多となりカードが高くなる。

ようやくセットを作ったが他のプレイヤーのセットと比べて圧倒的にしょぼい。
まぁ、キニスンナ。次がんばろう。
というわけで大きく借金して次につなげる作戦。

「10,000マルク借金。チェンジ!チェンジ!2,000マルクのカードを購入でエンド。」

「おや、もう4,000マルクしか残ってないんじゃあないですか?」

う…うるさいよ!
もう…だめかもしれん…。いや、まだがんばれる。
いや、がんばれない。

というわけでボロボロの最下位。
ほかのプレイヤーの逆を行ったタロウが勝利。


うーん良くも悪くもディルク・ヘンのゲームだなぁ。
プレイ中は色々考えてるけど結局ほかに選択肢が無いじゃんっていうアレ。
間違いなく面白いからいいんだけどね。


フォーセール

おおなんか打ち方が分かってきたぞ。
前半戦、かなり流れが来て勝利の軌道に乗る。
しかし後半の立ち回りを失敗して勝てず。
もったいないぞー。


ハチエンダ

100410-201008.jpg 100410-191721.jpg

面白いって言われてるゲームはやっぱり面白いんだね。
というわけで初めてのハチエンダ。

動物を市場に繋ぐと金が入る。
しかし得点は主に土地から入る。
金のシステムと得点のシステムが分離されている理由が分からんかったが、プレイしているとなんとなく分かってくる。

ショートするのは資金ではなく手数だった。
資金ショートのゲームばかりやっていたため全体的に意識がそちらに行ってしまった。
…ってヒロが言ってた。

偶然にも場の流れに助けられ勝利。
平地カード強すぎ。

ゲームの特性がつかめたところで是非もう一度やりたいゲーム。


ドメモ

1戦目。初プレイのネギにナチュラルブラフ(ボケともいう)をかまされ負け。
2戦目。順当に上がり。


スティッヒルン

「やってはいけないこと」は分かった。
「やること」は分からない。


というわけで終了。
ネギが久しぶりに参加だったが、90分ゲームに「軽いね」という心強すぎる言葉。
これだからデュエリストあがりは。

こんなに持ってるのか。

こんな写真が出てきた。




引っ越しでゲームをまとめたらこんなにあったよという写真。

あれから3ヶ月くらい経つからさらに増えている。
まったくこの趣味は…。
MTGほど金は食わずに整理の手間もかからないが、とにかく場所を食う。

南九州、で、乗り鉄。

ゴールデンウイーク直前に宮崎で業務があったため、ついでに鹿児島(と少し熊本)まで行ってきた。
今回はTwitterで適宜つぶやいていたのでそれを振り帰りながらまとめた。
Twitterでつぶやいた内容は青字斜体でここに入れる。


九州は観光列車と称して魅力的な電車を走らせている。
今回はその辺もおさえつつ最南端終着駅枕崎に向かった。


宮崎で業務終了。ちょっと乗ってくる。霧島、しんぺい、SL人吉、九州新幹線つばめ、なのはなDX。
7:04 PM Apr 28th


特急霧島で宮崎から鹿児島中央に向かう。

鹿児島中央。なんかピカピカしてる。新幹線通るとみんなこうなるのね。
9:18 PM Apr 28th


駅ビルに大型商業施設がつき、駅前にはビックカメラがある。
名古屋も立川も東京も同じ景色になってしまう。立川に新幹線は通ってないけどね。
鹿児島中央駅よりも鹿児島駅のほうがよっぽど趣があって好きだ。


泊まったホテルに置いてある芳香剤の匂いがキツかった。


4月29日
鹿児島中央→吉松→人吉→新八代→鹿児島中央

なにげなく乗った特急はやとの風の内装にビビる。JR九州すげーな。
9:27 AM Apr 29th


100429-092350.jpg 100429-091958.jpg
100429-093759.jpg

その後の接続が良いからという理由で「はやとの風」に何気なく乗ったらこれも観光特急。
内装は木をベースに使い、展望席が付いている。しかも一両ごとに色調をちょっと変えてあるのがステキ。
快晴。桜島が良く見える。


しんぺい号に乗車。ループ線とスイッチバックで山を登る。日本三大車窓の一に期待。
11:30 AM Apr 29th


100429-112438.jpg 100429-120951.jpg

国見山地の勾配をスイッチバックとループで登る。
開業当時はこれだけのことをやらないと上れなかったのだが、今は別段何てことない勾配なんだと思う。

さておき、日本三大車窓の一。あとは篠ノ井線の姨捨駅周辺と根室本線の勝狩峠だそうだ。
そして根室本線のほうは廃線だとか。なんだかな。

そしてスイッチバックはやはり萌える。


人吉駅に到着。1時間程度時間があったので散歩。

100429-135624.jpg

青井阿蘇神社詣で。
昨夜服に付いた芳香剤の匂いがようやく消える。


SL人吉に乗車。やはり内装が素晴らしい。レトロではなくモダン。北のニセコ、南の人吉。
2:25 PM Apr 29th

100429-141405.jpg

100429-141517.jpg 100429-141727.jpg


新八代駅に到着。なにもない。切手が買えずはがきを送れない。
4:51 PM Apr 29th

新幹線つばめ。JR九州は新幹線にも趣がある。東海は爪の垢を煎じて飲め。
5:49 PM Apr 29th

鹿児島中央。足もとがざらつくと思ったら桜島の火山灰だった。
6:20 PM Apr 29th


結構早く鹿児島中央に戻ってきたため天文館周辺をぶらぶら。
ピンボールを置いている店を探しThe SopranosとThe Simpsons Pinball Party。
何やってんだ俺。


4月30日

鹿児島中央→枕崎→鹿児島中央→宮崎空港

3時50分起き。もはや朝じゃねぇ。

4時50分発の指宿行きに乗車。

九州は夜明けが遅い。ようやくうっすら明るくなってきた。
5:07 AM Apr 30th


そして薄明に浮かぶ桜島を見る。

100430-051924.jpg


指宿。ついに枕崎駅へ向かう。
6:09 AM Apr 30th

枕崎駅に到着。鰹節の匂いがする。さすがだぜ。
7:26 AM Apr 30th


100430-074130.jpg 100430-073929_20100501153944.jpg

枕崎駅である。

最北端終着駅稚内と対をなす存在の枕崎。とうとうやってきた。
が、特にやることはなし。散歩。

枕崎はカツオで有名な街である。
さまざまなところに鰹節工場があり、水揚げしたばかりのカツオをモリモリさばいている。

カツオうめぇ
12:18 PM Apr 30th


100430-111950.jpg

鰹丼。九州の甘い醤油でいただく。旨い。
新鮮なカツオは臭みがないということを知った。
地場の海苔と豆腐(鹿児島の豆腐は硬いのが特徴)の吸い物も旨い。
付け合せのつぼ漬けも旨い。

枕崎は是非一度訪れることを薦める。
お越しの際は是非バスか車で。電車はねぇ…本数がねぇ…。

これで今回の旅は終了。
鹿児島空港から帰りたかったが経費の関係で宮崎空港から帰宅。


鹿児島に行ったら北海道に行きたくなってきた。
次は…根室か?

おまけ。
頴娃(えい)駅。ローマ字にして一番短い駅名なんだって。マニアック。
100430-064310_20100501153944.jpg
ちなみに平仮名で最短は津駅。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。