脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

2016年11月の記事

香港のボードゲーム屋に行ってきた話

香港に行ってきたついでにボードゲーム事情を見て来ました。

ボードゲームショップ


自分が行ったのは九龍半島の地下鉄油麻地駅からほど近い桌遊俱樂部というお店。雑居ビルの8階にありました。


ビル入り口

この雑居ビルにはボードゲーム専門店がいくつも集まっているようでした。店内はプレイスペースと販売棚があり、品揃えはスワンパナシアの繁体中国語版が多かったです。お店の人は英語が使えました。
香港の人がデザインしたゲームを聞いたところ、ほとんど皆無のようで、台湾との温度差を感じます。

百貨店


九龍半島の地下鉄佐敦駅近くの裕華国貨におもちゃコーナーがあるということで立ち寄ってみました。
日本のおもちゃ屋でよく売っているようなN-in-1もののボードゲームに加え、中国将棋、香港柄のトランプ、軍人将棋がわずかに扱っているだけでした。

公園


香港の紳士淑女は日夜公園でトランプの大老二や麻雀に興じているという先入観から九龍公園と香港公園に行ってみましたが、天気はあいにくの雨。屋根のあるところで太極拳をするお姉さま方を拝見しましたが残念ながらゲームをしている方は見かけませんでした。

路面の麻雀道具屋(というかギャンブル用具店?)


たまたま見かけたのが廟街の近くのこのお店。




ファイル_000 (5)

麻雀牌や天九牌だけでなく様々な牌を扱っています。見ただけでは自分には分からないものがいくつかありました。

ナイトマーケット


廟街周辺のナイトマーケット、別名男人街ので麻雀牌と天九牌を扱う露天を発見。頑張って値段交渉して天九牌を購入しました。

というわけで香港のボードゲーム情報を雑多に書きましたが、いかがだったでしょうか。
今回紹介したのは比較的アクセスの良い所ばかりなので、香港に行かれる際は足を運んでみてはいかがでしょうか。
最後はミルクティーの写真でお別れです。拜拜!
DSC02205.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。