脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

エース機

地下鉄東西線のホームで
「この電車は中野行きです」
っていうんだけど

「この電車は仲間由紀恵っす」
って聞こえる。聞こえなくもないかもしれない。

えーHAL200です。

ケツイ、ノーボムで5面縦穴降り切った~。脳汁出っぱなし。

そう。脳汁の話。じゃなくてゲームのはなし。

ケツイ。エースのためのゲーム。

時代はゲームに過激な進化を与え、ときに鬼子とも言えるエース機を産み落とす。
テトリス ザ・グランドマスター
ビートマニア 2DX
斑鳩
がそのいい例だろう。

まさにエースの、エースによる、エースのための機体。

選ばれし腕の中でのみ覚醒し、光輝を纏って舞を舞う。

エースは機体のために進化して、機体はエースにそっと寄り添う。
サムライと刀のように。

人はそれを畏怖し、敬遠し、あるいは侮蔑の念すら覚えるだろう。

しかし、ある一部の者は魅了され、人を止めてエースとなる。
バカは。そうバカは。

私はバカになりたい。
刀を愛し刀に愛されるバカになりたい。