脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

パプリカ

パプリカ

見てきました。

話の内容としては
他者の夢の中にダイブできるサイコセラピーマシンが何者かに盗まれた。
次々と他者の夢に侵入する犯人に対抗するため、サイコセラピーマシンの
製作者でありセラピストである「パプリカ」が立ち上がった・・・。


といったところか。

監督は今敏。
千年女優、パーフェクトブルー、妄想代理人と
・演技と本当
・妄想と現実
・夢と現実
の境を連続するイメージで表現するという独特の手法が売りだったわけだが、
今回は夢と現実の境がハッキリしすぎていて今ひとつ実力発揮できてないなぁ…。と。
シーンの使いまわしも目立ったし…。

期待が大きかっただけにがっかりです。


同じアニメ映画だったら
時をかける少女
の方がぶっちぎりで面白かったです。
まだ地方では上映中らしいので、鳥取へお越しの際は、是非。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。