脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侏儒の言葉

IMEの「手書き文字認識」ツールで
自分の書いた文字が認識されない時。
悲しい・・・。

HAL200です。


初版本。
芥川龍之介の。

侏儒の言葉」届きました。
1年前からずーっと欲しかったもので、このたびめでたく購入しました。
届いたものを見てみたら、お値段ほど状態が良くなかったのでちょとがっかり。

で、「侏儒の言葉」。
芥川の晩年の作品で、単行本として発売されたのは彼の没後の昭和2年。

独特の切り口で綴るアフォリズム(警句)集で、
例えば

人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのは莫迦莫迦しい。重大に扱わなければ危険である。

なんていう感じのことがだばだば詰まってる本です。
かの有名な(?)
人生は地獄よりも地獄的である。
っていう言葉もコレに収録されてます。

初版にこだわらなければ文庫版もあるし、
青空文庫にも収録されているので、
こちらでも、どうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。