脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーモンドチョコが箱の奥に一粒残ってると異様に嬉しいよね。

HAL200です。

鰻、好きですか?
今日は鰻を食いに行ったお話ですよ。

鰻。たまに無性に食べたくなる食べ物だよね。
体の中の「鰻ゲージ」が低下すると食べたくなる、みたいな感じか。

ゲージが低くなったHALは川越に行きます。
浜名湖は遠く、現実は厳しいわけだ。

川越の鰻で有名なのは3店舗。
「いちのや」「小川菊(おがぎく)」「ぽんぽこ亭」がそれ。

今回はこのなかでも評判が良い「小川菊」に行ってきました。

本川越駅から徒歩10分。大正ロマン夢通り沿いにその店はある。
余談ではあるが、大正ロマン夢通り(旧ナントカ商店街)周辺はここ数年で驚くほど拓けてきた。
「小江戸川越」の街作りの努力が実ったわけだ。

実に味のある建物の店構えは「老舗」というオーラを出している。
オーラに打ち勝って店内に一歩入ってしまえばもう鰻の良い香り。

で、味。
旨い。
身がふわとろで臭みがないのは云うに及ばず。しっかり鰻の身の味を感じられるし、タレの味もなかなか。
実に良い具合にビールが進む。因みに昼12:30です。

この鰻を食うためだけでも川越くんだりまで来る価値があるというものだ。
あ、都内にお住まいの方は銀座なり浅草なり行ってください。

小川菊の特上鰻重。
食え。
いや食うな。俺の分がなくなるから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。