脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

数陣タイセン バベル 麻雀 6ニムト ブラフ

4月5日6日と連続でボードゲームをやってしまった。


1日目。土曜日

この日はどんたと2人。でもゲームしちゃうもんね。
数陣タイセン、バベルをプレイ。


Nintendo DSのボードゲーム「数陣タイセン」。

どんたは初プレイ。HALも対人戦は初めてでした。
対人戦は「ここ潰されるだろうな~」という所はきっちり潰しあうため、潰されない場所でいかに高得点を取るかがポイントになってくる。
対人戦も対CPU同様やっぱり地味。
だけどやっぱり楽しいです。

このゲームはもう少し世間的に認知されてもいいと思うのだが…。


インターバルを挟んでバベル×3。

1戦目。ポイント的に競っているところでプレイミス。
ミドレンジャー(相手の民族を解散させる。強い。)を暴れさせただけで満足してしまい、塔の建築を忘れる。
返しのターンに15ポイントまで建築されて負け。


2戦目・3戦目。完敗。

「序盤から5カ所の建設地にまんべんなく建てる」
という戦略のHALに対して、どんたは
「拠点を動かさないことで人的資源を浮かし、後半畳みかける」
という戦略でプレイ。

人的資源がカツカツでうまく能力起動できないこちらに対し、悠然と資源を回してどんたの勝利。

拠点を動かさない戦略を含めて、まだまだ研究の価値ありのようです。

徐々にカードのへりに汚れがついてきた。
縁がケバ立つくらい回せたらいいなぁ。


2日目。日曜日。
ヒロ氏、ねぎ氏、どんた氏の4人。

麻雀。半荘+東風戦。

結果的には負け負け。
てかドラ9とか。ギャグだろ。

今までは正直麻雀の面白さが分からなかったが、どんた氏の言葉
「自分の不要牌は誰かの必要牌」
という言葉が分かってきてから何となく面白さが分かってきた。
奥が深いなー。


6ニムト

麻雀に疲れたため、パーティーゲーでも回しますかとニムト。
ヒロ氏がドイツゲーム初プレイだったが、わりとすんなり入れたようで嬉しい限り。

ニムトといったら罰ゲームだよねということで(?)罰ゲームルール適用。

えー。
無敗のどんたが罰ゲームルールかかった瞬間から負けまくるのは仕様ですか?
ジンギスカンキャラメル(脱臭剤が切れた冷蔵庫の味がする)をすごい勢いで頬張っていたのが印象的でした。


ブラフ

ダイスゲームの傑作ブラフ。
何度やっても面白い。
ルールのシンプルさもいいし、ブラフをかましたときのドキドキ感もいい。
なによりダイスをジャラジャラ振るのが単純に楽しい。

どんた「沢山あるのはこの目じゃ~!」
はる「だよね~。レイズ!」
ヒロ「マジか。…レイズ。」
ねぎ「ダ・ウ・ト。」
ヒロ「うがー!」

というパターンが多かったような。
まったくエゲツねぇ。



最近しみじみと実感するのは、ドイツゲームは本当に面白い。
ゲームである以上面白いのは当然なんだけどね。
普段ゲームをやらない人を誘うときの最大の敵は、ルールを新しく覚える、という抵抗感。
これが無くなれば良いんだけど、なかなか難しい。
永遠の命題だな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。