脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

リトルウイッチロマネスク

リトルウイッチロマネスクを入手した。
little witch三作目である。

little witchは1作目の白詰草話で、漫画のコマとフキダシを基本として、さまざまな演出を行うというFloating Flame Directorシステムを披露し(シナリオはヘコい)、
さらにQuartett!でシナリオ、音楽の充実を図り、
ここでロマネスクの市場投下となったわけである。

内容
FFDシステムをうまく織り交ぜて演出をするとともに、ダイス遊びシステムを取り入れることで遊戯時間の延長に成功している。コレまでは画像がこり過ぎていてシナリオが短くなるという事があったが、今回は結構遊べます。

単純に楽しめます。女の子もかわいいです。演出もいい感じです。
多分買いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。