脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身内宅ゲーム会(長いよ。)

「攻めの反対は受け」でお馴染みのHal200ですどうもー。

今回はレギュラーメンバーのHal、どんた、ペンタの3人。
プレイしたのはハンザ、エルグランデ、ゲシェンク、その他諸々。

ハンザ×2

シャハト作アクションポイント制のピックアップ&デリバーゲーム。
バルト海沿岸都市を船で回り、商品の仕入れ・販売をする。
船コマのいる都市でしかアクションを行えないこと、使用する船は全員共通なこと、回れるルートが決められていることがミソ。

あそこまで行きたい買いたい売りたい支店作りたいでもアクションポイント足りない。
やるか…止まるか…ハァ…ハァ…。
くそうシャハトめ。

よしいい具合に回り始めたぜぇぇ!
終了?えっ、もう?ちょ、まだやる~。
くっそうシャハトめぇぇ!!

というかホントに終了のタイミングはこれで良いの?
3人ならまだしも4人だと
「俺たちの商売は始まったばかりだぜー!!」
シャハト先生の次回作にご期待下さい。

ってなるんですが。

うーん。
あと5回はやらせろ。話はそれからだ。

結果~。
「勝利のDNA」でお馴染みのどんた氏が2連勝。
うう、2戦目は結構いけたと思ったにのう、悔しいのう…。


エルグランデ

エルグランデ面白いよ~。

序盤、辺境に1つづつ騎士を投入(ここでパワーカード1、13を使用。)。
あとはひたすら守る戦略を採用。
中盤、どんたペンタがカスティリアを中心に大量の騎士を投入するものの、序盤のリードが効いて勝利。

3回ある得点計算のウエイトが同じことから、序盤から走った方が有利な気がする今日この頃。


ゲシェンク

え?ゲシェンク買ったの?って買ってないです。
ニムト+チップ=ゲシェンク。
OK!!…ぜんぜんOKじゃないけど。

カードに書かれた数はマイナス。
1枚1点のチップを置けば引き取らずにすみます。
カードを引き取ってもすでに取ったものと数字が連続していればノーダメージ。

30がめくれた!引き取ったら大ダメージだ!
ほらほらみんなチップ載せてよ俺は29持ってるから痛くないからさぁ。
という感じかな。

チップを載せるか引き取るか…。
この2択なのに面白いのはムガルと同じ。
ムガルは上家に降りられるのがムカつくが、コレはマイナスも押しつけてるので悪い印象があまりない。
個人的にはニムトより良いパーティーゲームだと思います。
ニムトは爆発力はあるが取っつきが悪いという個人的イメージが強いので。

プレイした結果。
ペンタの30以降のカンチャン待ちにしびれる。
ペンタさんカッコいいっす!でもやっぱり勝ってねぇっす!!
オイオイ。


ここで終電なくなり惨敗(ゲームスペース柏木用語。徹夜。)コース。


Magic; the Gathering レガシー

しばしレガシー。結局ブンブンが勝つ。

とりあえず今の課題は十手見ただけで萎えるのをやめること。


エルグランデ

どんたが寝落ちしたのでペンタと2人エルグランデ。
2人だとサクサク進むので驚くほど軽い。
2人でも面白いです。でも1つの選択ミスが致命打になりかねない。
今回は6、7点の土地集計アクションで一方的に21得点を叩き出し、一撃終了。


数陣タイセン

DSのボードゲーム数陣タイセン。
アイテムがあるマップが面白いです。
2人プレイはガチガチな感じで面白いけど、これ3人でやるとどうなんだろーな?


テトリスDS

「ほーらこの棒をねじ込んでやるぜ。」
「らめぇ!逝く、逝っちゃうぅっ!!」

えーっと…テトリスです。
テトリスですよ。本当に。


いじょー。
まぁあとはgdgd。


まだまだHALのボドゲ熱はさめません。
次新ネタやるとしたら頭脳絶好調かレーベンヘルツ。
押忍。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。