脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

7月26日公民館会

ドイツ便の到着が間に合ったため、
新ネタを引っつかんで(といっても1つだけだけど)公民館へGO!

…今回はみんな来るの早いなぁ。
開始からある程度人がいるのは本当にありがたいです。
そういえば最初から最後まで2人しか集まらなかったこともあったなぁ…
おっと目から青春汁が。

さて。
あっというまにHAL、キノ、どんた、タロウの4人が集まりました。
4人ならコレやろうぜと押しまくり、2point初のサカナをすることに。
インスト中にペンタが来て5人。ペンタとHALの二人羽織でプレイすることになりました。

おい、それは俺のサカナだぜ

ルール概要。
ターンにすることは駒を動かして移動元の魚タイルを取るだけ。
駒が動けなくなるまでゲームを行い、獲得した魚が多い人が勝ち。

080726-134815.jpg

タイルがどんどんなくなっていくのが視覚的に楽しい。魚の獲得と生き残りのジレンマも楽しい。
他のプレイヤーの攻撃もできるが、自分の生き残りに必死でそれどころじゃない。
プレイ時間の短さ(30分)とテーマもいい。
今までありそうでなかったゲーム。唯一難点はセットアップがだるいことか。それを除けばすごく良いです。

で、結果は勝ち。終盤に魚6匹程度の島を独占出来たのが効いた。
6匹程度とはいえ追加で得られるのは大きいみたいだ。


万里の長城

二人羽織が面白い。ということで万里の長城を3組で対戦。
キノとHal、ペンタとダッチ、タロウとどんたでペアリング。

と、タロウ(&どんた)がカードをプレイせず、終盤までひたすら引き続ける。
最大時には10枚越えてただろ、アレ。

くそっ、つられてはいけない!クールになれ!
終盤に大量資源を叩き込まれても序盤にリードを保てば捲られないッ!

最終盤、大量の手札を抱えたタロウ(&どんた)が兵士5枚15点その他諸々を列に叩き込み、大量得点をかっさらう。
いいだろう想定内だ。リード逃げ切りができて、できて。
できてねぇ!
序盤にめくれた得点が小さすぎるんだよー!!
3点レベルは完全捨てで6点以上大きいのを狙って取りに行くのも有効のようです。

1位 タロウ&どんた 37点
2位 キノ&Hal 26点
3位 ペンタ&ダッチ 22点


トール

前回ボロボロだったためリベンジ戦。
ボッコボコにしてやんよでも今回はどんたと二人羽織でいいよね。

結果。
1位 ダッチ 91点
2位 ペンタ 87点
3位 キノ  78点
4位Hal&どんた 73点
5位 タロウ 61点

やっぱりだめですた。
周りの動向を見るのがどうもニガテらしい。

それにしてもこのゲーム。デザインの雰囲気良いのはいいんだけど、
このゲーム内容からしたらもうすこしフツーな感じでいいんじゃないか?
むしろロコのデザインの方がしっくりする。


アクワイア

ヘビーローテの本作。中毒性高し。
Hal、タロウ、キノ、どんたの4人で卓を囲む。

080726-173732.jpg


序盤、7つ全てのホテルが建つ。
一番最初にホテルを潰したのはどんた。
どんたとタロウに現ナマが入る。
対してこちらはホテルを潰せないまま資金がショート。立ち止まる。

そうこうするうちにどんたとタロウが株を大量に抱えたままインペリアルとコンチネンタルのセーフチェーンを成立。
仕方がないのでひとまずアメリカンを2度潰して現金を入れ、最後の希望ワールドワイドを育てつつ株を漁る。
しかしセーフチェーンあと1歩届かず、インペリアルに吸収されて終了。

1位 どんた
2位 タロウ
3位 Hal
4位 キノ

今更気がついたけど、吸収をトリガーできるタイルがない場合は2頭株主狙いの方がいいんだね。
筆頭だと潰してもらえないもんね。
今度試そう。


キュージェット

次何やろうかー。次のゲームはとりあえずキュージェットやりながら考えようぜっていうか最下位が次のゲーム決めようね。

スタート!ダッシュ!ピットイン!できずスルー!
これが最後のチャンスだ振り抜けながらかっさら…あー。
というペンタさん死亡。

「え、次にやりたいゲームかぁ。…キュージェットかな。」
はいよーキュージェットね。

ぷすーん。
キノ死亡。

つぎは何が良い?ニムト。おっけー。

ニムト

久しぶりに大人数罰ゲームなしでやりました。
このゲーム、やっぱり純粋に楽しい。
駆け引きと運がある、緊張と弛緩がある、笑いとドラマがある。
国内でもっと定着して欲しいところではあります。
しかしエポックが過去に失敗していることを考えると厳しいのかな。


スコットランドヤード

ミスターXはどんたが担当。
ダッチが抜けてペンタ、キノ、Hal、タロウで追い詰める。
地下鉄メイン→バスメイン→タクシーメインと捜査網を順当に縮めてきれいに逮捕。

うむ。間違いなく面白い。古典的名作の名に恥じない。
でも国内ではあまり数出てないんだろうなぁ。
そんななかでも国内供給を続けているラベンスバーガーに頭が下がります。ホント。

以上で終了。

今後はどうしようかな。
新ネタも多数あるけど、過去の死蔵しているものを再評価もしたいところ。
2人専用ゲーム会とかもやりたいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。