脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

トゥイクスト(ツイクスト)

2pointのホームページがgoogleからうまく見つからないのにはビビッタ。
何しろ名前が悪い。
クニツィアのラーにも言えることだが、あまり一般的名称を使わないほうが圧倒的に見つけやすいよね。

さて本題。
アメリカからトゥイクスト(ツイクスト、TwixT)が届きました。



英語もシステムもわからないまま初めてebayを使ってみた。
何とかなるもんだね。
モノは1ドル送料40ドルの計41ドル。
さすがモノは1ドルだけあって割とボロいです。そして独特の匂いが・・・。
これ、受け入れられるだろうか・・・。

肝心のゲームだが。
デザイナーはガイスターでおなじみのアレックス・ランドルフ。
ではありますがアブストラクトであることが祟ったか、いまいちヒットしなかったようだ。

今回入手したのはアバロンヒルのブックシェルフゲーム版。
コンポーネントはなんとなくレトロフューチャーというか、SF映画に出てきそうな感じである。
まぁ、ぶっちゃけると紙とペンでもできるゲームなんだが、そこは好みということで。

ルールは非常に単純。
ボード上にペグを打って行き、ペグ同士をケイマの位置で繋げてゆく。
黒側はボードを縦断、赤側は横断したら勝ち。

単純にまっすぐ繋げようと思ってもガードされてしまうため、様々なところに布石を打っておくのが重要となる。
囲碁でいう「厚みと実利」がわかりやすい形で表現されている。

個人的には結構いい感じだと思うが、このガチ加減が受け入れられるかが気になるところ。
重力つき4目並べとかに授業中ハマった人なら気に入るかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。