脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

バックギャモンボードを買う。

さて本題。っていうところから書き出したけど前置きを考えていなかった!
ギャワー!

さて本題。

バックギャモンボードをそろえてる店がない。
トイザらス、ヨドバシカメラ、西武百貨店を回ったものの空振り。
伝家の宝刀博品館、東急ハンズですら3種類しかない。

おいおいなんなんだこの現状は。
店で「女将を呼べ!」と呼ばわったところで問題が解決するわけでもなく、
唯ダーツコーナーの客に失笑されるのみであるチクショー。

てっきり東京にはバックギャモン屋さんがあって20代女子が
「このボード、ダイスアクションは良いけどクローズアウト時の隙間が気になるよね」
「分かるー。やっぱりボードはDal Negroだよね」

なんて会話をしながらボードを物色しているものだと、そう思っていたのに。

もういい。もうリアル店舗には頼らないぜ。
さらば20代女子。そしてこんにちは電脳商店。

Googleカモン!サイズ、色、価格いろいろ取りそろえてるショップ!
うおお!ヒット!すげぇ。
このサイト何?

Amazon.de

ってまたお前か!
おま、どんだけハイスペックだよ。

というわけでMサイズのウッドボードと持ち運び用のコンパクトボード、
ついでにビザンツ、セレンゲティ、もっとホイップを!を注文。
ボードはウッドのくせにかなり安かった。モノは到着しだい検証してみます。

本日の例文:
 「頑張った自分にご褒美で陶製ダブリングキューブ買っちゃった」



2月25日追記:届きました。検証記事はこちらのエントリで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。