脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

もっとホイップを!

もっとホイップを!
巷でちょっと話題になったけどどんなもんだろ。

ルールは、あれです。ケーキは切った奴が最後に選ぼうねっていうアレです。

P3200168.jpg

親が11ピースのホールケーキを人数分に分け、次手番の人から選んで取ってゆく。切り分けた人が選ぶのは一番最後だから、できるだけ自分に良いものが残るように切り分ける必要がある。
獲得したケーキはその場で食べるかあとで取っておくかを選ぶ。その場で食べるとちょっと得点。後で取っておくと大得点になる可能性があるが、無駄になる可能性もある。
これを親を変えて5ラウンド。

ふむ。わかりやすい。
そして…いい。おもしろい!

なにってとにかく悩ましい。
ケーキをどう切り分けるか、どれを取るか、どれを取っておいてどれをすぐ食べるか。
脳汁が止まらない。

1テーマ1ゲームだったりダウンタイム長めだったりキングメーカーの危険性あったりとオールドなテイストをかなり感じるゲームではあるけれど、とにかく面白いものは面白いです。

ちょっと不満を言うならば、
Spiel Kompaktと書いてある割に箱がデカい。
デカいというと語弊がある。厚い。
収納するにも持ち運ぶにも何とも中途半端な大きさ。はっきり言って迷惑。
かといってタイルが薄かったり小さかったりしたらそれはそれでがっかりだし、仕方ないか。

もっとホイップをッ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。