脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

ルールを読み直して思ったこと

最近何かをする余裕が出てきました。

かといってさし当たり和訳するルールも無し。
ならば、と勘違い訂正のために既プレイ品のルールの読み直しをしてみました。
しかし「あーこのルールねーハイハイ」なんて細かいところの読み込みが面倒になり、
結局いくつか読んだだけで嫌になってしまった。

ルールを記述したり翻訳したりする人ってすげーな。
彼らは飽きたり先入観にとらわれたりせずルールブックを見直せるんだろうな。
とてもじゃないけど私にはできない。集中力が、というか精神が持たない。
すごい。尊敬します。

まぁ尊敬はするけど変な仕事はしないで欲しいですね。
ゲームのルールってちょっとしたミスや曖昧な部分すら許さないですから。
疑いがある方はババ抜きのルールブックの
「手札を他のプレイヤーから見えないように持ちます」
の「見えない」を「見える」に読み替えてプレイして御覧なさい。
面白いかどうかはともかく、これはもはやババ抜きじゃないよね。

というわけで、私がルールを翻訳するときもできるだけがんばります。
うん、がんばりたいなー。がんばれるようがんばりたい、な。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。