脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

ボードゲームマンガ「アクア・ステップ・アップ」続報

アクア・ステップ・アップの4巻を入手しました。
3巻までの情報はこちらのエントリで。
コミック版はやはり全4巻でした。

4巻で出てくるゲームは以下のとおり。
ラー
インコグニト
カヤナック
ハイムリッヒ商会(アンダーカバー2)
アクワイヤ(アクワイア)
マーメイドレイン

4巻はストーリーがメインになってゲームの紹介がおざなりなのが残念。
ラーなんかは「競りゲームの傑作」とか書きながら、競りの流れがよく分からない。
しかも勝者が決まらないまま話が進んじゃうし。

最終話のマーメイドレインは良く描けている。さすがは原作者=デザイナー。
評判のあまり良くないゲームでもかなり面白そうに見える不思議。


乗りかかった船と小説版も調べました。



ボードゲーム漫画の小説版って…存在が奇跡というか挑戦的過ぎるというか。
世界に5000部くらいしかないんじゃないのか?
でも一応2巻まであります。

小説版 1巻
6ニムト(タイトルのみ)
カタンの開拓者たち
フォレロッテ

小説版 2巻
ミッドナイト・パーティ
ファンタスミ(ガイスター)
コズミック・エンカウンター

以上。
内容はまだ読んでません。
なぜって…。

PB150447.jpg

この絵は恥ずかしくて電車じゃ読めないです…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。