脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

5月8日 土曜公民館会

今回は8人。…8人!?こんなにも人数いるとモジモジしちゃうわ。
えーと参加者は伯爵、どんた、タロウ、ヒロ、むったん、MN、KINO(以上敬称略)、そしてHAL200。(あってる?)

プレイされたゲームはカタン、ワードバスケット、はげたかの餌食、十二星座ゲーム、操り人形、お邪魔者、カルカソンヌ、ピラニアペドロ、でした。


カタン

伯爵氏、ヒロ氏とカタン3P。
ものすごく久し振りのカタン。

このゲーム、やるたびにダイス目が寄ってもやーんとするんよね。
そして今回は10が異常に出て負け。
まーダイス目が寄ってなくても勝てないんですが。
つまり何って、3件目の家のことも考えて初期の道を置きましょうってことです。

もやーんとするからしばらく敬遠していたが、間違いなく面白い。
といままでは「カタンそこまで面白いか?」と思っていたが、すみませんでした。
この安定した面白さは奇跡です。
デックオブダイスかデジタルダイスかプレシジョンダイスを使えばダイス問題も軽減できるんだろうし、
今度導入してみようかしらん。


十二星座ゲーム

久しぶりに出した。
トレードに出して良いかどうか見極めるためプレイ。

中途半端にリソース入れても勝てない。全力で突っ込んでも勝てない。
このあたりの加減が難しい。
前回は淡泊な印象でイマイチだと思ったが、それも味と思えば結構面白い。
あと何回かやってみたい。

…こうして処分できないままボードゲームは増えてゆくのです。


操り人形

夢の8人プレイ。グダるのこと必至だけど一度やってみたかったんです。

で、やはりグダる。
プレイ時間の87%がダウンタイムなんだから当たり前か。

終盤、タロウが7件の建物を建ててリーチ。伯爵氏は6件。得点で言えば同点。
最終ターン。ものすごい下家の自分まで魔女が流れてくる。
さて、魔女取ってトップのタロウ叩きでもやるかな…ヒット率は低いけど。

魔女で、えー指定は泥棒。
はずれ。
それならば乗っ取った泥棒で、えー指定は魔法使い。
はずれ。

えー。

結局タロウは伝道師で8件一番乗り。
伯爵氏は建築家。渾身のドローで建築可能な建物を引き当て、2件たてて二番乗り。
集計すると果たして伯爵氏が1点上回って勝ち。
いやはや劇的な逆転でした。


カルカソンヌ

地形によって得点に傾斜がかかっている以上引き運は仕方がない。
しかし道を使った街の妨害とか街の共存共栄の要素もあってなんとかなりそうな感じがするのがとっても良い。

何十回とプレイしているのにタイルがぜんぜん壊れないのが地味に凄い。


以上で終了。

そろそろ重ゲーがやりたくなってきた。
電力会社とかプエルトリコとかアグリコラとか。
工場マネージャーはやりたいけどルール読むのが苦痛。うーむ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。