脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

日本版the One Hundred 2010

さー今年もやってますよthe 100。
マイベストゲーム15本を挙げます。

まぁ、去年と比べてそんなに入れ替わることもなく、今年もシャハトとクニさん多めで。
というわけで、以下。今年は一言コメントを入れました。

・アクワイア
 →オールタイムベスト。原点であり到達点。
・コロレット
 →これぞドイツゲーム。
・サンマルコ
 →Ravensburgerに敬意を表して1作。箱の作りが良いのが高評価。
・頭脳絶好調
 →王道。か?100年後も残すべき。
・王と枢機卿
 →正統なのか変態なのか。面白いのかそうでないのか。なんにしても素晴らしい。
・電力会社
 →2時間超枠でこれ。語ることは何もない。
・ハチエンダ
 →This is the boardgame。
・バトル・ライン
 →コレを越える2人ゲームは出てくるのだろうか。ジャイプルは面白かったが、これ越えるほどではなかった。
・ハンザ
 →面白いですよ?これ。こういう地味なゲームが普通に立つゲーム会を目指しています。
・プエルトリコ
 →個人的ホット枠で。やりこみ済みの人が周りにいなければまだまだ楽しめる。
・ハーツ
 →トリテでひとつ。結局コレでいいんじゃね?ってことで。
・マンマミーア
 →ウヴェさまの才気に痺れる。
・ムガル
 →嫌ゲー枠。上家を殴りたくなり、作者を殴りたくなり、自分を殴りたくなる。素晴らしい。
・ラー
 →競りゲーではこれ。盛り上がりがある競りは良い。
・ワードバスケット
 →国産からひとつ。面白いとしかいいようがないゲームです。

シャハさんクニさんで15のうち7個を占めとる…。
そして去年と7タイトルがかぶっとる…。
まぁ、こんなとこですな。

15日までMixiのボードゲームコミュで受け付けているので、アカウント持っている方は是非。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。