脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

ゲームマーケット2011 春

行ってきました。
ボードゲームのイベントに行くのは初めてです。
今回も行く予定は無かったのですが、ひも電輸送編欲しさに浅草へ。

会場を回ってみてまず思ったのが、「濃い」。
ショップ、同人サークル、有名ブロガー、サークル代表者が集結しており、
あっちを向いてもこっちを向いても知った顔(一方的に)が歩いている。
まさに「総力戦」である。

次に思ったのが「楽しそう」。
参加している方、出展している方、みなさん目がキラキラしてます。
オールラウンドの同人誌即売会は何度か言ったことがありますが、
それよりもずっと「みんなで楽しもう」という意気込みが感じられました。
こういう雰囲気、いいです。


さて、適当にぶらぶらして3時からのにオークションに参加。
「レアなゲームが欲しいかー!」「おー!」という。

王への請願の15000円でスタート。この値段はすごすぎる。
それ以外は順当に進んでいました。むしろミスター ダイヤモンド6000円、王と枢機卿5500円、利益・廃液5000円は安い。
やはりここ数年のレアゲー感がかなり変わってきている気がする。


今回の収穫。
・古代ローマの新しいゲーム
・ひも電 輸送編
・ファミリア
PA0_0001.jpg


秋は、どうしようかな。次回はゆっくり試遊も良いかもな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。