脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

カードの匂いについて(ベルギー臭についての考察)

カードのベルギー臭について分かったかもしんない!
というわけで今日はカードゲームの匂いについてです。

そもそもベルギー臭ってどんな匂い?

…うーん言葉で説明するより嗅いでいただいた方が早いかと。
まず、お手元にある『世界の七不思議』の箱を開けてください(あるよね?)。
カードを取り出して、おもむろに…嗅ぐッ!

・・・・・・・・・!!

そう、その匂いがベルギー臭です。
ちょっとガソリンっぽいような石油っぽいようなインクの匂い。

あ、世界の七不思議持ってない人は友達に嗅がせてもらってね。


で、何でベルギー臭っていうの?

その昔、Magic the Gatheringのカードにはクサいのとそうでないのがありました。
その違いはなんなのか、よーくパッケージを見ると、クサいカードには共通点がありました。

Made in Belgium

で、ベルギー臭。ベルギーのカードは臭い、と。

さて、問題はここから。
ベルギー製だから臭いのか、ドイツのゲームにベルギー臭がするのはなぜなのか。
ここからは調査と妄想でツギハギです。

ドイツゲームの製造はほとんどが外部委託だそうです。
製造業の主なところは以下の3ヶ所。
・カルタ・ムンディ(Cartamundi)
・ルド・ファクト(LUDO FACT)
・シェア・シュピーレ(倒産)

そのなかでもカルタムンディは国内外を問わず様々なカードを印刷しています。
そしてカルタムンディの本社はベルギー

お。けっこう良いとこまで話がきました。
世界の七不思議がベルギー製ならビンゴ?
またはカルタムンディ製のトランプの匂いを嗅いでベルギー臭がしたらビンゴです。

しかし生産場所は不明。あとはカルタムンディのトランプも手元になし。
うーん惜しい!

だれか、代わりに色々嗅いでもらえませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。