脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

日本版the One Hundred 2012

さて今年も日本版the One Hundredの時期ですよ。
今年は自分が選んだゲームにコメントをつけます。
私が選んだオールタイムベストの15タイトルは以下のとおり。

コンテナ
 骨太ゲームの代表格。ゲームが「壊れる」可能性を突きつけられるエロス。

電力会社
 濃密な2時間を過ごしたいならば、これはその期待を裏切らない。

プエルトリコ
 プレイごとに気づきをもたらしてくれる希有なゲーム。2002年の奇跡。

アクワイア
 何が面白いのかさっぱりわからない。しかし面白いものは面白いとしか。

マンマミーア
 どんな時でも楽しい時間を提供してくれる。ただしピザで満腹の時を除く。

インジーニアス
 ど真ん中のシステム、少し外した勝利条件。クニツィア先生最高!

ハンザテウトニカ
 今年一番ハマったゲーム。ゲームは2回やりましょう、というのを痛感した作品。

モダンアート
 今年ラーより好きになった。競りゲーではなく世論操作ゲームと捉えると味わいが突然変わる。

ムガル
 いやらしゲー。いやらしい!

ブクブク
 手札を回すルールが「運を軽減する」以上の効果をもたらしてくれる。「この手札、無理ゲーだろ!」「そう?俺は生き残ったけどな!」

バトルフォーヒル218
 2人ゲーム枠で。2人ゲーならこれくらいの大味感(大味、ではない)がちょうどいいかも。

エルグランデ
 ただしK&I必須。気持ちいいほどにストレート。

K2
 △面白い ○楽しい。 楽しいゲームは意外と少ない。

バヌアツ
 フードサプライも借金もダメージ要素もないのにこの苦しさは素晴らしい。

ハンザ
 地味だし逆転要素は少ないし。しかし場をコントロールして流れをつかんだ時の快感はたまらない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。