脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

The One Hundred 2015で選んだゲーム

今年もthe One Hundredに投票しました。
毎年恒例で各ゲームに一言添えます。

ブラス
 ルールの枝葉は汚いけどそれをはるかに上回る骨太な魅力。
コンテナ
 いつもの。
アルカディアの建設
 「ラベンス」の「ドイツゲーム」が失われて帰らないことに悲しみを込めて。
花火
 いいゲームはプレイヤーのマジックサークルを醸成させる。
パッチワーク
 最も新しいクラシック。特殊カードがないウヴェ様が生きていたことも記念して。
トランプトリックゲーム
 変態と呼ぶにはあまりにもったいない。変態と呼ばないのはあまりに失礼である。
スペースアラート
 いつもの。
ギンコポリス
 「ゲーム外→山札→手元」というカードの動きの美しさを称えて。
ハンザ
 いつもの。
電力会社
 バランスの歪さは、時としてゲームに魔法をかける。
ごいた
 終着駅。
ラミィキューブ
 こんな身なりでイリンクスな憎らしさに。
ドラゴンイヤー
 殴られて爽やか。
ツォルキン
 大魔王。強大な存在の前にただひれ伏すのみ。
ドミニオン
 なんだかんだ絶対面白い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。