脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

青春18 北へその1

青春18きっぷを使った会津若松→喜多方→長岡→越後湯沢の3日間の旅行をレポートします。
記事中のリンクはwikipediaに飛びます。

まずは一日め

大宮→宇都宮


trip01



あっ


という間に宇都宮。ここまでは関東平野が広がっているから大した変化はないですね。
雪もまだなし。

東北本線をひたすら北上つづけます。


宇都宮→黒磯→郡山→会津若松

雪発見@黒磯
と喜ぶのも束の間。

北上するにしたがって次第に林を覆い、枯れ田を覆い、屋根を覆ってしまった。

猪苗代に着く頃には、いつの間にやら雪野原である。
ぱしゃ。


trip02



会津若松に到着。すぐさま喜多方に向かうのもアレなので途中下車。次の電車は90分後。

会津若松といったらやはり白虎隊鶴ヶ城であろう。
白虎隊は見られないので(玉砕済みのため)、せめて鶴ヶ城だけでも見よう。
鶴ヶ城は会津若松駅からは徒歩30分。しかし甘い!ローカル線「只見線」を使えばさらに近づけるのさ!

…しまった!降りる駅を一つ間違えた!

えーというわけで鶴ヶ城ですよ。雪化粧が美しいですね。
時間がなくて死にかけました。

trip03



会津若松→喜多方

15時。喜多方到着。

喜多方といったらラーメンである。あっさりとしていながら絶妙の奥行きのある味が特徴。

…というかラーメン屋多過ぎ!

…と思ったらどこも店じまい早すぎ!
六時にはほぼ全ての店が閉まってるってどゆこと?ラーメン屋でしょ?
辛うじて営業中の「まこと食堂」に転がり込む。旨。

夜は早くても営業開始は早いらしい。二日目は朝ラーメンだな。

とりあえず町並み撮影。
ぱしゃ。
trip04




後になって知ったことですが、ラーメン屋は水曜定休の店が多いらしく、曜日が悪かったようです。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。