脳内世界は主に紙

幻覚系ボードゲームプレイヤーHal200のあれやこれ。

今日も雨かー。雨がふると創作意欲が沸くぜ。
というわけでこんな始まりの小説はどうだろう。

ある日の暮方のことである。一人の下人が、羅生門の下で雨やみを待っていた。

おお、なんかいいぞ。タイトルは「羅生門」だ。

なんてね。
芥川は死んでから50年経過してるので著作権フリーなんです。だからこんなことしても叱られない。

著作権フリーの作品を電子化して公開するプロジェクトもあるね。携帯で漱石が読める日が来るたあ。
通勤のささやかな楽しみとして良いかもだけど、やっぱり本はあのぱらぱらやる感じが良いのかなあ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。